grape [グレイプ]

「コレでひき逃げ?」事故を起こすも、被害者の女子高生が平気というので帰ったら

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2017年6月9日、兵庫県伊丹市で起こった交通事故。読売テレビによって、次のように報じられました。

自転車に乗った女子高校生が西から交差点に進入したところ、北から走ってきた乗用車に出合い頭にはねられた。

直後、車から50代くらいの女が降りてきたが、女子高校生が「大丈夫」と話したところ、救護せず、そのまま立ち去ったという。

女子高校生は帰宅後、肩に痛みを感じて病院に搬送され鎖骨を折る重傷。

読売テレビ ーより引用

※写真はイメージ

簡単に説明すると、50代の女性が運転する乗用車が、女子高生と接触。ドライバーはすぐに女子高生に歩み寄るも、本人が「大丈夫」と語ったため、その場を立ち去りました。

しかし、帰宅した女子高生は肩に痛みを感じ搬送されることに。結果として、ドライバーの女性は『ひき逃げ』をしたとみなされてしまったのです。

この報道に対し、「本人が大丈夫だっていってもひき逃げになるの」「ドライバーの女性が可哀想」といった意見も寄せられます。

しかし、このケースの場合、ドライバーの女性が救護義務違反になる可能性が高いのです。

道路交通法第72条の救護義務とは?

道路交通法の第72条には、救護義務について次のように書かれています。

救護義務

交通事故があった時、交通事故を起こした車両の運転手や乗務員は、ただちに運転を停止して負傷者の救護しなければならない。

また、道路における危険を防止するなどの措置をとらなければならない。

さらには、交通事故を起こした場合、ドライバーには警察に通報する『報告義務』もあります。

たとえ被害者である女子高生が「大丈夫です」と語ったとしても、警察への報告を怠り、その場を離れるべきではなかったのです。

※写真はイメージ

この報道に対し、さまざまな意見が寄せられました。

  • 相手は未成年の女子高生。気が動転して「大丈夫です」といってしまうかもしれない。少なくとも警察に通報すべきだったね。
  • たとえ被害者が「平気」と答えても、警察に通報して到着まで一緒にいるべき。運転手側もパニくってたんだろうけど。
  • これでひき逃げは可哀想な気もするけど、やっぱりダメだよね。もっとヒドいことが起こった可能性もある。

同様の状況でひき逃げだと判断されたケースは過去にもあり、やはりドライバーがきちんと救護義務を果たすべきだったと判断されています。

安全運転を心がけることは当然ですが、交通事故は誰もが起こし得るもの。

万が一、事故を起こしてしまった場合は、すぐに被害者を救護し、警察に通報することを忘れてはいけません。


[文・構成/grape編集部]

出典
読売テレビ全日本交通安全協会

Share Tweet LINE コメント

page
top