grape [グレイプ]

「台湾でサッカー日本代表がゴミ拾いしてるぞ!」 素晴らしい行動に拍手喝さい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:蔡淑君

2017年8月29日の朝、選手村の近くにある公園には、白いTシャツを着た男性たちが集まっていました。

背中に『JAPAN』と書かれたTシャツを着た彼ら。なんと、ゴミ拾いを始めたのです!

サッカー日本代表の学生たちが、台湾でゴミ掃除!

スポーツの世界大会『第29回ユニバーシアード競技大会』に出場するため、台湾の首都・台北を訪れた20人以上のサッカー日本代表たち。

その日行われる決勝戦を前に、彼らは林口運動公園の清掃活動を申し出ました。

『公園の清掃活動』を発案したのは、フォワードを務める20歳の旗手怜央(はたて れお)選手。

地元メディア『AppleDaily』に対し、ゴミ拾いを始めた理由について、このように述べています。

「公園は、子どもたちが遊ぶ場所です。キレイでなくてはなりません」

AppleDaily ーより引用(和訳)

議員の蔡淑君さんがこれらの写真をFacebookに投稿すると、多くの台湾人から称賛の声が上がりました。

  • 彼らの行動に感謝します!台日友好!
  • 強いだけじゃなく、公園を掃除する優しさも持っているだなんて、素晴らしい!
  • 日本人は、たくさんの人に感動を与えてくれた!
  • 謙虚で礼儀正しい…『素晴らしい人』の見本だね。我が国も、こういった人を育てる教育をするべきだ。
  • 日本はキレイ好きな人が多いよね。清掃スタッフの技術もすごいよ。

その日の夜に行われた決勝戦ではフランス代表を制し、日本代表は見事優勝!

ちなみに今大会で日本代表は、過去最多記録である金メダル37個を獲得!メダル総数も、101個でトップだったのだとか。

大切な決勝戦の前に清掃活動を行い、勝利をつかんだ日本代表たち。

彼らの『強さ』と『優しさ』を兼ね備えた姿は、きっと多くの人に笑顔を与えてくれたことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
AppleDaily蔡淑君歐輝文

Share Tweet LINE コメント

page
top