2017年の最後で最大の『スーパームーン』がもうすぐ!「絶対に晴れてほしい」

※写真はイメージ

月が地球に近づく時と満月が重なり、通常よりも月が大きく見える現象『スーパームーン』。

2017年で一番大きく見えるスーパームーンは、12月4日に見ることができます。

※写真はイメージ

どこまで近づく?

月は楕円形の軌道で地球の周りを回っているため、距離が一定ではありません。

地球に一番接近する時で距離は約35万6000kmで、もっとも遠い時は約40万6000kmまで離れます。

2017年12月4日のスーパームーンは、35万8000kmまで地球に近づくのだそうです。

地球にもっとも近づいた時の満月は、離れた状態の満月よりも、14%も大きく、30%も明るく見えます。

スーパームーンの時間帯

今回のスーパームーンは、4日に日付が変わったばかりの0時47分に満月になります。

また、月がもっとも地球に近づくのは4日の17時46分です。4日の月が出たら空を見上げるくらいが見ごろでしょう。

2017年の最後を飾る12月4日の満月。いつもより大きく、輝きを増したスーパームーンを見上げてみてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop