grape [グレイプ] trend

16歳の時に他界した父 5年後、娘の誕生日に届いた『最後の手紙』に涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@SellersBailey

アメリカ合衆国テネシー州に住む、ベイリー・セラーズ(@SellersBailey)さん。

21歳の誕生日、彼女の元に大好きなお父さんから手紙が届きました。

ベイリーさんにとって、誕生日は『父に会える唯一の日』。そして、この日が父と会える最後の日でした。

5年前に他界した父から届いた『最後の手紙』

いまから5年前、がんでこの世を旅立ったベイリーさんのお父さん。

お父さんは亡くなる前に、最愛の娘の誕生日に花と手紙が届くよう手配していました。

出典:@SellersBailey

毎年、ベイリーさんの誕生日にはお父さんから花と手書きの手紙が届きました。しかし、手紙が手配されていたのは5年ぶんのみ…。

お父さんが亡くなって5年経つ21歳の誕生日、ベイリーさんの元に『最後の手紙』が届いたのです。

出典:@SellersBailey

出典:@SellersBailey

ベイリーへ。

これが、君への最後のラブレターだよ。
パパはいま、とっても素敵な場所にいるから、僕のことを想って泣かないでね。
僕のいままでの人生で、君は一番の宝物だよ。

今日は、君の21歳の誕生日だね。
これからもママのことを大切にして、自分に嘘をつかずに生きていってほしい。
人生をめいいっぱい楽しんで、幸せでいてほしい。

君のそばには、ずっと僕がついているよ。振り向いたら、僕がいるよ。

僕の愛しいブーブー、君を愛しています。
お誕生日おめでとう!

パパより。

@SellersBailey ーより引用(和訳)

※『ブーブー』…ベイリーさんの愛称

「愛しているよ」「心配しないでね」「見守っているね」…これらの優しいメッセージから、お父さんの大きな愛を感じます。

お父さんは、まだ16歳の娘を残して旅立つのが心残りでならなかったはず。だからこそ、ベイリーさんが大人になるまで、手紙を通して見届けたかったのではないでしょうか。

ベイリーさんがこのことをTwitterに投稿すると、お父さんの手紙は多くの人の心をうちました。

「毎年、誕生日にお父さんから届く手紙を楽しみにしていた」というベイリーさん。来年から手紙が届かなくとも、ずっとお父さんがそばで見守ってくれているはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@SellersBailey

Share Tweet LINE コメント

page
top