119番の電話中に、薄れていく意識 オペレーターの『ひと言』に救われた

※写真はイメージ

TwitterユーザーのNamataro(@NamataroF_FF14)さんが、車の運転中に体験したエピソードを投稿しました。

予期せぬ身体の痛みで119番通報。その時に対応してくれたオペレーターの言葉が、「驚いた」「素晴らしい」と多くの反響を呼ぶものだったのです。

激痛にたえて、電話したものの…

運転中、気を失うほどの痛みが全身に走るのを感じた投稿者さん。車を路肩に停めてすぐに119番に連絡したものの、あまりの激痛で、最後まで居場所を伝えることができなかったそうです。

すると、119番のオペレーターは、こんな力強い言葉をかけたのです。

車の窓と鍵を開けて、窓から片手だけでも出しておいてください、必ず見つけます。

オペレーターの言葉通り、約10分後、無事に救急車が到着!投稿者さんは病院へと搬送されました。

地域によっては、携帯に搭載されているGPSを利用し、通報者の位置を割り出すシステムが導入されています。投稿者さんの時も、この『位置情報システム』が使われたのでしょう。

万が一に備え、こうしたシステムが用意されているとはいえ、オペレーターとの会話は、電話の向こうの相手にとって、時に重要な意味を持ちます。

実際に、投稿者さんは「必ず見つけます」といわれたことにより、どれほど安心したことでしょう。

励ましのひと言が、生きる希望につながることもある…プロの心構えを感じるエピソードに、胸が熱くなります。


[文・構成/grape編集部]

出典
@NamataroF_FF14

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop