grape [グレイプ]

配達員からの『お願い』 オススメの梱包方法とテープに「ためになる!」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

荷物を送ったり、引っ越しをしたりする際に使用するダンボール。

生活するうえでよく使うものの、『しっかりとした梱包のしかた』を把握している人は多くないことでしょう。

※写真はイメージ

ダンボールは比較的頑丈な造りになっていますが、配送するに当たってしっかりと梱包しなくてはなりません。

配達員として働いている陽亮(@Yohsuke_ND)さんが投稿した『オススメの梱包法』をご紹介します。

配達員オススメの梱包法

「大切なお客様の荷物を守るためですので、見ていただけると嬉しいです」という文と共に、梱包に使用するテープと梱包の方法について投稿した陽亮さん。

まずは、梱包の際によく使用されるテープについての説明をご覧ください。

【養生テープ】

最終的に剥がすことを目的として使用されるテープです。
粘着力も強度もなく、梱包用のテープではありません。

養生テープ

【クラフトテープ(紙製ガムテープ)】

粘着度も強度も低く、また、重ね貼りができません。
クラフトテープの上に伝票(シール類)を貼ることもできません。
クロスで重ね貼りしたものが剥がれ、ほかのお客様の荷物に付着してしまいます。
重い荷物を支える力はありません。

【布製ガムテープ】

梱包に最も適しています。

強度の高い梱包のしかた

梱包に適した布製ガムテープを使用した上で、強度の高い貼りかたをしましょう。

少し貼りかたを変えるだけで、ダンボールの底が開きづらくなるうえ、配達員も持ちやすくなります。

図の青い位置に、布製ガムテープを使用すると強度が高い!

また、以下の図のピンクの位置にテープを貼っている人もよく目にするそうです。

陽亮さんによると、ピンクの部分と青の部分では強度が全く違うのだといいます。特に中身が重い場合は、クロスされていないと底が開いてしまうのだとか。

配達員も気を付けているものの、荷受けから到着までの短時間に多くの人が荷物に触れるため、滑りやすい梱包だと落下の可能性が極めて高いといいます。

現役の配達員や、昔配達員をしていた人たちからも、多くの体験談が寄せられました。

・養生テープは本当に剥がれやすい。何度も「口が開いてる!」ということがありました。

・1人1人のお客様が意識してくれると、配達事故も減りそうですね。

・まさに『配達あるある』ですね…。梱包不備でトラブルが起こるとヒヤヒヤします。

・同じ種類のテープでも、やはり100均のテープはもろい気がします。

ほんの少し梱包について意識するだけで、自分だけではなく、配達に関わる人たちや受け取る人も安心することができます。

今後荷物を送る際は、この方法で梱包してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Yohsuke_ND

Share Tweet LINE コメント

page
top