grape [グレイプ]

プラモデル店に来た男性 祖父の『ひと言』で、店内は凍り付いた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

ある日、おじいさんと一緒にプラモデル店に来たろこまる(@rb79_locomaru)さん。

ガンダムのプラモデルが好きなろこまるさんは、店内に陳列された商品を見て回っていました。

すると、隣にいたおじいさんはポツリとこういったそうです。

「あ、この戦闘機、懐かしい」

おじいさんが見ていたのは、戦闘機のプラモデル。航空機のプラモデルは人気が高く、いろいろな種類が販売されています。

「懐かしい」という言葉を聞き、ろこまるさんは「え、おじいちゃんも昔作ってたの?」と聞きました。

しかし、返ってきた言葉は…。

「ううん。戦争の時に、これに追いかけられてたんだよ。ハハッ」

『戦闘機のプラモデル』が懐かしいのではなく、『戦闘機』自体が懐かしかったとは…。

おじいさん本人は笑っているものの、戦争という重い話になってしまい、店内はシーンと静まり返りました。

その後確認したところ、戦時中におじいさんは11歳だったため、戦闘機に乗っていたわけではなかったそうです。

とはいえ、おじいさんが機銃掃射に遭った可能性もあります。

「じょ、冗談であってほしい…」

ろこまるさんや投稿を読んだ多くの人が、心の底からそう思ったのでした…。


[文・構成/grape編集部]

出典
@rb79_locomaru

Share Tweet LINE コメント

page
top