grape [グレイプ]

圧倒される! 1月31日の夜空に浮かぶ『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

1月31日は、『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』が見られる特別な日。

『ブルームーン』『スーパームーン』『皆既月食』という天体現象が3点も重なった、とても珍しい月を見ることができます。

珍しい現象を1日で満喫!

『ブルームーン』

通常、1か月のうちに見られる満月は1回。しかし、時には2回目の満月が見られることもあります。

その2回目の満月が『ブルームーン(青い月)』と呼ばれています。

『ブルームーン』なんて神秘的なネーミングが付けられていますが、実際に青い月が見られるわけではありません。

ただ、とても珍しい天体現象のため、「見ると幸せになる」というジンクスもあるようです。

『スーパームーン』

満月の時に、月が地球に接近して、普段より大きく見える現象。

厳密な定義はないのですが、NASAによれば、1月31日は満月が普段の14%大きく見えるそうです。

『皆既月食』

「月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象のこと」を『月食』と呼んでいます。

満月がだんだんと欠け始める『部分食』から始まり、完全に月が地球の影に入る『皆既月食』までいってから、再び満月へと戻っていきます。

皆既食中の月は、『赤銅色(しゃくどうしょく)』という血のように赤黒い満月に見えるため、『ブラッドムーン』と呼ばれることも。

国立天文台によると、1月31日の満月は、日本全国で『部分日食』の始まりから終わりまでを観測できる、とても条件のよい『皆既月食』が起こるそうです。

『皆既月食』の時間は、次のようになっています。

月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります。

国立天文台 ーより引用

冷えた空気と、特別な満月…自然の神秘がたっぷりと感じられる一晩になることでしょう。

雲が出ていない地域の人は、ぜひ『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』を眺めてみてください!


[文・構成/grape編集部]

出典
国立天文台NASA

Share Tweet LINE