grape [グレイプ]

「知らなかったらダマされていたかも」 自動音声ガイダンスに銀行が注意喚起

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

家などの固定電話に、突然『三井住友銀行』を名乗る電話がかかってきて、自動音声で名前や生年月日を聞き出そうとする詐欺行為が発生しています。

三井住友銀行のウェブページでは、注意を呼び掛けています。

自動音声には従わない

三井住友銀行によると、詐欺電話は『三井住友銀行 クレジットカードセンター』『三井住友銀行 クレジットカードカスタマーセンター』『三井住友銀行 カスタマーセンター』『三井住友銀行 東京支店』などを名乗るそうです。

そして、次のような手口で、個人情報を聞き出そうとしてきます。

・お客さまに、電話の着信があります。

・電話に出ると、自動音声で「9を押してください。」と案内されます。

・「9」を押すと、自動音声から人の声に切り替わり、次のような指示があります。「三井住友銀行 クレジットカードセンター(その他、カスタマーセンター、東京支店等)です。お客さまのクレジットカードに関して、重要なお知らせがありますので、お名前と生年月日を教えてください。」

・お名前と生年月日を回答すると、切電されます。

三井住友銀行 ーより引用

固定電話にかかってきた電話に出ると、なんと自動音声が対応。「『9』を押してください」と案内されるのだそうです。通常、自動音声で電話がかかってくることはありません。

限りなく怪しさを感じますが、こういったことに慣れていない高齢者などは、案内に従ってしまう可能性もあります。

次の条件にすべて合致する電話があった場合は、何も回答せずに電話を切り、最寄りの警察に連絡をするようにしましょう。

・三井住友銀行を名乗る着信電話であること

・電話の冒頭が自動音声であること(途中から人の声に切り替わることがあります)

・個人情報を聞き出そうとすること

三井住友銀行 ーより引用

こういった詐欺行為に、ネット上にはこのような声が上がっていました。

・高齢者だと詐欺だと思わずに従ってしまいそう。すぐに実家に注意の連絡をしました。

・私も留守電に電話が入っていました。かかってきた電話で、いきなり自動音声になるのはさすがに怪しい。

・怖い世の中ですね。知らなければ、押してしまいそうです。

固定電話を使用している率が高い、高齢者が狙われる可能性も増えています。身近に高齢者がいる人は、被害を少しでも減らすために、情報を共有してあげてください!


[文・構成/grape編集部]

出典
三井住友銀行

Share Tweet LINE コメント

page
top