grape [グレイプ]

部下「Aさんは何もいわない、Bさんは怒鳴る」 どちらの上司が『真の部下思い』か?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

みなさんは家族や友人、上司などに怒られて、もやもやとした経験はありませんか。

※写真はイメージ

誰しも、自分のミスや行動に対し口うるさくいわれる事態は、できれば避けたいものでしょう。

やうゆ(@yauyuism)さんがネット上に投稿した「怒りにまつわる考えかた」に、共感の声が上がっています。

怒らない人こそ要注意?

やうゆさんは「怒る人より、怒らない人こそ注意が必要だ」と持論を述べています。

その考えには、次のような理由がありました。

怒りの感情を相手にぶつけることは、案外エネルギーがいるものです。

怒りやすい人があえてガミガミという背景には、相手への期待や愛情があるのかもしれません。

怒らない人はそもそも相手に期待していないため、怒りをぶつけることもなく、すんなりと見放す恐れも…。

やうゆさんの意見に対し、ネット上ではさまざまな意見が寄せられました。

【ネットの声】

・怒ってくれる人がいるって、ありがたいんだな。何もいわれなくなるのが1番悲しい。

・なるほど。自分があまり他人に腹が立たないのは、そもそも相手に期待していないからか。

・分かる。見放す系の人は、交友関係が広い人が多い気がする。いっても変わらない相手ではなく、ほかに有意義な時間を過ごせる人に貴重な時間を使っていそう。

怒ってくれる人がいるということは、もしかすると貴重で、とてもラッキーなことなのかもしれませんね!

やうゆさんは、恋愛や人間関係にまつわるブログをネット上で公開しています。興味のわいた人は、のぞいてみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yauyuism

Share Tweet LINE コメント

page
top