grape [グレイプ] hobby

夜中に猫が逃げるハプニング発生! 慌てて探す不良が迎えた結末とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の常喜寝太郎(@TaketoraTsuneki)さんによる『不良がネコに助けられてく話』の第6話をご紹介します。

お世辞にも素行がいいとはいえないタカシは、いわゆる不良。バイトの面接を受けるも、面接官を粗暴な言葉遣いや振る舞いでおびえさせ、落ちてばかりです。

しかし、2匹の子猫を拾ったことで、タカシの何かが変わり始めます。

第5話では、子猫の里親になる予定だった人に会いに行くも、自分の見た目のせいで受け取りを拒否されてしまいました。

第6話は、タカシが朝帰りをして母親にしかられる場面から始まります。タカシは小言をいう母親に反抗しますが…。

初めて知った母親の気持ち

夜中に外へ飛び出した『まんじ』を心配して、ずっと探し回っていたタカシ。翌朝家に帰ってきた『まんじ』を、大声でしかってしまいました。

タカシは自らの振る舞いにハッとします。自分が朝帰りをするたびに口うるさくいう母親の気持ちが、初めて分かった瞬間でした。

子猫たちと暮らすうちに、少しずつ自分を省みるようになったタカシ。自分以外の誰かを大切に想う気持ちが芽生えた時こそ、人は変われるのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@TaketoraTsuneki

Share Tweet LINE コメント

page
top