grape [グレイプ]

ケガをして保護されたペンギン 別れの瞬間に見せたのは「ありがとう」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:Kaikoura Wildlife Rescue

ニュージーランドの野生動物保護団体『Kaikoura Wildlife Rescue』。この施設では主に病気やケガをした野鳥を保護し、治療をして野生に返す活動をしています。

その『Kaikoura Wildlife Rescue』のFacebookに投稿された、心温まる動画をご紹介します。

2016年の冬、1匹のブルーペンギンが保護されました。このペンギンはプラスチックのネットにひっかかってしまい、そこから出ようともがいた時に頭にケガをしてしまったのです。

施設ではペンギンに痛み止めや薬、ビタミン剤などを投与して治療を行いました。そしてケガが治ったペンギンを海へ帰す瞬間がやってきます。

海岸でキャリーケースからペンギンを出してあげたスタッフ。するとペンギンは…。

大喜びで海に帰っていくかと思ったら…予想外の展開に。すっかり施設のスタッフに懐いてしまったのでしょうか。

そして2度目の挑戦。今度は波打ち際まで連れていき、スタッフは歩き去ります。

するとペンギンがまたもや予想外の素敵な行動に出たのです。

海に向かって歩き出した直後に振り返り、スタッフのほうをじっと見つめるペンギン。

その様子はまるで「助けてくれてありがとう。さようなら」と伝えているよう。なんて感動的なのでしょう。

スタッフとの別れを惜しむ様子から、このペンギンが『Kaikoura Wildlife Rescue』で手厚く世話をされていたことが容易に想像できますね。

ブルーペンギンはとても体が小さいため、赤ちゃんのように見えるこの子も立派な大人なのだそう。

スタッフのコメントによると、ブルーペンギンは通常は単独で行動するため、このように1匹で海に帰すことは普通なのだそうです。

元気になったこのペンギンが、広い海でたくましく生きていってくれることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
Kaikoura Wildlife Rescue

Share Tweet LINE

page
top