grape [グレイプ]

式典で『作詞・天皇陛下、作曲・皇后陛下』の歌が披露! 歌唱担当にネットから反響!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年2月24日、今上天皇の在位30年を記念して東京の国立劇場で開催される、天皇陛下御在位三十年記念式典。

およそ1700人の式典参列者が集まる中、天皇陛下が作詞を、皇后陛下が作曲をご担当された歌が披露されることが明らかになりました。

『作曲・天皇陛下、作詞・皇后陛下』の曲を三浦大知が歌唱!

天皇陛下と皇后陛下がお2人で作曲した『歌声の響』を歌うのは、沖縄出身のアーティストである三浦大知さん。

三浦さんは、自身のウェブサイトでこのようにコメントをしています。

天皇陛下御在位三十年を記念して行われる式典の中で天皇皇后両陛下が作詞作曲された「歌声の響」を歌わせていただく事になりました。

選んでいただいた事、両陛下の想いから生まれたとても大切な一曲を歌わせていただける事、本当に光栄です。

天皇陛下御在位三十年のお祝いの心と感謝をもって、この楽曲に込められた素晴らしさやメッセージが聴いてくださった皆様に届くよう全身全霊で歌わせていただきます。

MIURA DAICHI(三浦 大知) OFFICIAL WEBSITE ーより引用

三浦さんといえば、高い歌唱力とダンスパフォーマンスに定評がある人気アーティストの1人です。

そして、今回披露される歌詞は天皇陛下が沖縄訪問をされた際のお気持ちを詠んだもの。三浦さんが選出されたのはアーティストとして高い技術を持つだけでなく、沖縄出身であるためです。

ネット上では「作詞作曲ができるだなんて、両陛下のご才能にただただ驚かされる…」「三浦大知さんほどの人なら、異議なし!」「どんな曲になるのか楽しみすぎる」といったコメントが相次いでいます。

両陛下の想いと、三浦さんの熱意が詰まった一曲は、多くの人の心を震わせてくれるに違いありません。


[文・構成/grape編集部]

出典
MIURA DAICHI(三浦 大知) OFFICIAL WEBSITE

Share Tweet LINE コメント

page
top