grape [グレイプ]

紙幣が20年ぶりに刷新 埼玉県深谷市のゆるキャラが「待ってたぜ、この日」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:『SankeiNews』スクリーンショットより

2019年4月9日、1万円などの紙幣を刷新する方針を、政府が固めたことが分かりました。

同日午前、財務省で行われた会見では、麻生太郎副総理兼財務相が「新しい日本銀行券及び新しい500円貨幣発行」について説明。

日本銀行券につきましては、偽造抵抗力強化の観点から、おおむね20年ごとにいわゆる改刷を行ってきたところであります。現在発行されている日本銀行券については、2004年に発行を開始して以来、約14年が経過しています。

今般、スリーディメンションのホログラムなど世界最先端の偽造防止技術を搭載をさせていただくと共に、額面の数字の大型化など、ユニバーサルデザインの考えかたを踏まえた改刷を行うことといたします。

約5年後の、2024年度上期をめどに発行できますように所用の準備に着手いたしましたのでご報告申し上げます。

SankeiNews ーより引用

新紙幣に描かれるのは?

いま現在発行されている紙幣には、1万円札に福沢諭吉、5千円札に樋口一葉、千円札に野口英世が描かれています(2019年4月9日時点)。

そして、今回の紙幣の刷新によって、それぞれの紙幣に描かれる人物も変更。

1万円札が「日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢栄一、5千円札には津田塾大学創始者であり、日本における女子教育の先駆者といわれる津田梅子、そして、千円札は医学者・細菌学者の北里柴三郎となります。

1万円札

5千円札

千円札

今回の発表を受け、新札に描かれる予定の渋沢栄一の出身地、埼玉県深谷市も反応。同市のゆるキャラであるふっかちゃんは「この日を待っていた」と喜びをあらわにしています。

今後、新札の発行日が近付くにつれて、それぞれの人物のゆかりの地が注目されそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
新紙幣発行について 麻生財務相会見@fukkachan

Share Tweet LINE コメント

page
top