grape [グレイプ]

家計簿が続かなかった理由は○○だった!? 楽しく続けられる方法とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「家計管理をしっかりしよう!」と思っても、家計簿を記入し続けるのは難しいですよね。

なかなか家計簿が続けられなかったAさんは、使いやすそうな家計簿ノートを購入しても、ただ書くだけで満足し、節約も貯金もできませんでした。

「どうしたら家計簿が続けられるのだろう…」と悩んでいた時のこと。Instagramで貯金ができている人をチェックするうちに、自身が犯していた家計簿の使い方の間違いに気付いたといいます。

Aさんのように家計簿が続かない人の共通点は、一体なんなのでしょうか。

家計簿をつける『目的』を見失っている

そもそもなぜ家計簿を記入し続けなければいけないのでしょうか。

家計簿とは「何にいくら使った」ということを細かく記入する必要はなく、次のポイントが分かればいいのです。

・今月はあと何円使えるのか。

・目標のために何円残せたか。

Aさんは、購入頻度が高い食費や日用品などについては、『商品ごとの値段』を忘れずに記入することを続けていました。

しかし、一つひとつ記入したり、支出の合計金額を出したりするのが面倒になり、だんだんと適当になったそうです。

結局頑張って記入しても残高が合わないことがあり、さらに面倒になる負のループ。

そこで、家計簿を続ける目的が品物の金額を記入し続けて、残高を合わせることになっているのに気付きました。

Aさんは商品ごとの値段を記入するのを辞め、使った金額のみざっくりと記入するように変更。

そして、食費や日用品などは月ごとに予算を立て、予算内でやりくりをするように変えました。

家計簿は残高を合わせるのではなく「何にお金を使いすぎているか」「決めた予算は適切か」をチェックするようにしたことで、貯金ができるようになったそうです!

1円単位で残高を合わせようとしていた

ちゃんと記入したのに、残高が合わないことが続くと嫌になりますよね。

Aさんも1円単位で残高を合わせようとしてはうまくいかず、家計簿を記入することを何度も挫折しました。

レシートをもらい忘れていたり、自販機などを利用した時にメモし忘れたり…。使ったらすぐ家計簿につけられたらいいのですが、なかなか難しいものです。

そこで、Aさんは使ったお金と残高を合わせる作業を辞め、次のような使い方に切り替えました。

1:毎月かかる家賃や、電気代などの光熱費、保険代や通信費(以後、固定費)を書き出す。

2:収入から固定費を引いて残った金額を確認。そこから、貯金したい金額分を先に抜いておく。

3:最後に残った残高内で、食費や日用品など、月によってばらつきのあるものに使う予算を決定。

予算内でやりくりを頑張れば、仮に残高が合っていなくても貯金できています。そのため、家計簿をつけるのはもちろん、家計管理が楽になったそうです!

家計簿をつけた後の『振り返り時間』がなかった!

その後、家計簿を3か月ほどつけ続ける中で、お金は貯まらず節約もできていないことに気付いたAさん。

家計簿を続ける意味が分からなくなり、結局挫折してしまいました。

Aさんは、家計簿を書き続けることが目的になっていて、「毎月何にいくら使っているのか」「無駄な支出があるかどうか」「いくら貯められているか」を把握していなかったのです。

そこで、家計簿をつけた後に、しっかり見直す時間を設けることで、次のようなことを把握できるようになったといいます。

・食費や日用品は毎月いくら予算があればいいか。

・毎月の固定費をいくら削減できるか。

・使っていないのに加入しているサービスなど、無駄な支出はないか。

この見直す時間を確保したことによって、貯金できるようになったそうです!

さらに「いくら貯金できたか」を確認することで、家計簿を楽しみながら記入できるようになりました。

家計簿の記入が続かない人は、ついつい『書き続けること』や『残高を合わせること』が目的になりがちです。

固定費やいつものお買物を見直すことで、無駄な支出がないかどうかを確認してみてください。

「いくら残せたか」が分かる家計簿を作れたら、きっと家計管理も楽しくなるはずです!

※記事中の写真はすべてイメージ


[文/AIPON 構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top