grape [グレイプ]

「GHQも心打たれた」新1万円札の顔は、こんなにすごい人だった!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2024年度から、流通する新紙幣のデザインが刷新されます。

千円札は北里柴三郎、五千円札は津田梅子、そして1万円札の新しい肖像は、渋沢栄一に決まりました。

『日本資本主義の父』といわれた実業家の渋沢栄一ですが、実際にどんな偉業を成し遂げた人物なのか、世間ではあまり知られていないようです。

新紙幣デザインの発表時には、SNSでも「誰?」「名前だけは辛うじて知っているけど…」といった反応が多く見られました。

渋沢栄一ってどんな人?

漫画家のあなたを漫画にしますマン@anamanneda)さんが、渋沢栄一を4ページで説明した漫画をTwitter上で公開。 その内容が「とても分かりやすい」と話題です。

渋沢栄一がどんな人物なのか、簡単におさらいしたい人は、ぜひこちらの漫画をご覧ください!

渋沢栄一は、生涯で500社の会社に携わり、約600件の社会事業に尽力した。

す、すごすぎる!!

関わった事業の数だけでも驚かされますが、その多くがいまの日本社会を形作っているなんて…まさに1万円札にぴったりの人物という印象を受けます。

また、道徳と経済のどちらかを優先させるのでなく、両立を目指す『道徳経済合一』という考えかたは、これからの社会においても大切な視点になりそうですね。

漫画を読んだ人たちからも、たくさんのコメントが寄せられました。

・知らなかった!さすが1万円札の人。

・勉強になった。分かりやすい説明をありがとう。

・大欲は無欲に似たり…。見ているところが人と違う。

たった4ページで、人物の功績が分かるだけでなく、その背景となる人間性も簡単に説明してくれる、投稿者さんの漫画。

この作品が、多くの人にとって『新紙幣の顔』の人物像を知るきっかけになるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@anamanneda

Share Tweet LINE コメント

page
top