grape [グレイプ]

「どうしたら卓球がうまくなりますか?」 水谷隼人の返答が超強気だと話題に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

リオデジャネイロオリンピック・卓球男子銅メダリストの水谷隼人さんによる、Twitterでの強気なツイートが反響を呼んでいます。

水谷さんは、日本人では初めてとなる卓球シングルスのメダリストとして、一躍時の人に。世界トップレベルの実力を誇る水谷さんだからこそ、毎回のように受ける質問があるといいます。

「どうやったら卓球強くなりますか?」

「この技術はどうやったらうまくなりますか?」

「◯◯はどうやったらできるようになりますか?」

オリンピックメダリストの水谷さんにアドバイスを求めたくなる気持ちはとてもよく理解できます。

しかし、水谷さんはこうした質問を「人生で1番質問されてる、俺の嫌いなワードです」とバッサリ。続けて、こうもつづります。

「1万時間練習してから質問しに来てください」。近道なんてない。

mizutani__jun ーより引用

これまで質問してきた人たちの中には、「現時点でできることはすべてやり尽くした」という人もいることでしょう。

しかし、水谷さんの目にはそう映らなかったのかもしれません。

卓球に対してストイックな姿勢が伝わるツイートは反響を呼び「どんなことにも近道はありませんよね!」「仕事においても通じる考えだと思う」と共感のコメントが寄せられています。

また、寄せられているコメントの中には「2019年に現役引退を発表したイチローさんと重なる」といったものもありました。

一方で、「突き放すようないいかたしなくても…」といった内容のコメントが寄せられていたのも事実。

しかし、水谷さんが「近道なんてない」と語るのは、「誰よりも地道に努力をし続けてきた」という自負と、練習の積み重ねの重要性を知っているからこそではないでしょうか。

水谷さんのツイートからは、高いプロ意識と闘志を感じます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Mizutani__Jun

Share Tweet LINE コメント

page
top