grape [グレイプ]

沖縄県民とセブンの間に、何が!? 初出店を県民が『信じない』理由

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年7月11日、この日は沖縄県民にとって記念すべき日となることでしょう。

なぜなら…!

沖縄に『セブン-イレブン』が初上陸

ネット上には、開店前から長蛇列のができている様子をとらえた写真が公開され、他府県民からは驚きの声も。

沖縄県民にとって、セブン-イレブン初上陸がどれほど大きな出来事なのか、漫画家の空えぐみ(@egumisky)さんが描いた漫画をご覧いただければ理解できるはずです。

沖縄にセブンイレブンがやって来る!!

登場人物は、生まれも育ちも沖縄の女子高生、喜屋武(きゃん)さんと比嘉(ひが)さん。そして、沖縄県外から転校してきた少年の3人です。

少年にとってセブン-イレブンは、転校前から慣れ親しんでいるコンビニ。初上陸のニュースを知り、2人に話題を振ったところ…。

1974年に、日本第1号店となるセブン-イレブンが、東京都江東区豊洲にオープンしてから45年。2019年6月末時点で、全国に2万店舗をオープンさせています。

それにもかかわらず、唯一沖縄だけがスルーされてきたなんて…!

何十年と「出店するかもしれない」というウワサに心躍らせてきた沖縄県民を思うと、この盛り上がりようも納得です。

【ネットの声】

・沖縄県民として「歩み寄られると弱い」には納得せざるを得ない。

・7月11日に、全国制覇とは粋な演出をしますね。

・沖縄にセブン出店がニュースになってた。

「最寄りのセブン-イレブンは台湾」という沖縄ギャグをかませなくなったものの、しばらくの間、沖縄のセブン-イレブンフィーバーは続きそうです!

空えぐみさんの他の作品はコチラ

今回の作品以外にも、空えぐみさんは沖縄あるあるを描いた漫画をTwitterで公開しています。

気になった人は、ぜひご覧ください!

Twitter:@egumisky


[文・構成/grape編集部]

出典
@egumisky

Share Tweet LINE コメント

page
top