grape [グレイプ]

「何度いってもやめないな」 鉄道各社がエスカレーターの歩行禁止を呼びかける

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

エスカレーターを利用する時、歩く人のために片側に寄って歩行スペースを作っている人をよく見かけます。しかし、エスカレーターは歩行禁止場所。

※写真はイメージ

エスカレーターは、立ち止まって利用することを基準に安全設計がされています。

また、エスカレーターを歩くことで、バランスを崩して転倒したり、立ち止まっている人にぶつかったりなどの危険が発生。

『一般社団法人 日本エレベーター協会』では、安全のために「歩行禁止」を呼びかけています。

とはいえ、実際に空いている側に立ち止まっていると、後ろから歩いてきた人に悪態を付かれたり、無理やり押しのけられたりすることも…。

こういった行為をなくし、安全性を高めるために『エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン(以下、キャンペーン)』を全国の鉄道事業者52社局などが実施します。

エスカレーターは歩かないで

2019年7月22日から8月31日まで行われるキャンペーンは、エスカレーターの安全利用を訴えるものです。

ポスターを貼り出したり、ポケットティッシュを配布したりして、以下のようなエスカレーターの乗りかたについて注意を呼びかけます。

・手すりにつかまる。

・歩かずに立ち止まる。

・黄色い線の内側に立つ。

・荷物をしっかり持つ。

「急いでいるから」「自分ぐらいは」と、エスカレーターを歩いてしまう人は少なくありません。

しかし、そのちょっとした油断が、大きな事故につながる可能性もあるのです。

「エスカレーターを安全に利用しよう」と呼びかける取り組みに対して、ネット上ではさまざまな声が上がっています。

・隣に階段があるんだから、急いでいる人はそちらを歩けばいい。

・出勤時間帯に立ち止まったりしたら、きっと背中を押される。

・「片側を空けるのが当たり前」と思っている人に知ってほしい。

・やっぱり立ち止まっていいんだ。もっと周知しないと知らない人が多そう。

ちなみに、『一般社団法人 日本エレベーター協会』のウェブページでは、ベビーカーでのエスカレーターの乗り入れも禁止行為としています。

バランスを崩して転倒する恐れがあるため、エレベーターを利用するようにしましょう。

決められたルールを守り、安全にエスカレーターを利用する…当たり前のことを、もう一度見直す必要がありますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
一般社団法人 日本エレベーター協会

Share Tweet LINE コメント

page
top