grape [グレイプ]

「ホントそれ」「何もいえない」 海外から見た『日本人』に、共感の声続々

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

日本で暮らしていると「バスや電車はほぼ定刻通りに来る」「仕事で遅刻をしない」など、日本人は時間に正確な人が多いというイメージを持ちます。

しかし、海外の人から見ると違う印象を受けるようです。

日本人は時間にあいまい

M16A HAYABUSA(@M16A_hayabusa)さんは、外国人の同僚からの『ある指摘』に驚いてしまいます。

Twitter上に投稿された、こちらのツイートをご覧ください。

日本人は『始める時間』は正確で厳しいけど『止める時間』はあいまい

…た、確かに!!

日本は遅刻にとても厳しい一方で、サービス残業が当たり前のようにまかり通っていたり、無駄に長い会議があったりと『終わりの時間』に無頓着な社会かもしれません。

投稿を読んだ人たちから、さまざまなコメントが寄せられました。

・昔からそれが苦痛でした。何で終了時間を考えないのか…。日本の七不思議。

・「じゃあ終業時刻もなるべく守るよう働きかけよう」「でも業務ノルマや品質はキープし続けて」といわれる地獄。

・台湾の会社にいるが、始まりはいい加減で、終わりはきっちりしている。郷に入ればそれもあり、と気にならなくなった。

・「家族を犠牲に仕事してるのカッコいい」とまでいってる人が多い印象。その弊害たるや…。

『終わりの時間』にルーズなことで、自分の時間が削られるだけでなく、相手の大切な時間も奪っている可能性もあります。

そのことを自覚し、日本の社会全体で、働きかたを見つめ直す時がきているのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@M16A_hayabusa

Share Tweet LINE コメント

page
top