grape [グレイプ]

太陽電池で連続72時間点灯 折り畳み式非常用ライトがめっちゃ便利!【CARRY THE SUN】

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東日本大震災や熊本地震など、数年置きに日本を襲う震災。また、台風やゲリラ豪雨など、異常気象ともいえる大雨による災害も年々増えてきています。

2019年9月に発生した台風15号の被害を受けた千葉県では、多くの地域で停電などが発生しました。

真っ暗な状態で生活を送るのはとても不安なもの。最近では懐中電灯以外に非常用ライトを防災袋に入れている人も少なくないようです。

ただ、明るいライトは大きかったり、重かったり、電池をたくさん用意しなければいけなかったりと、かさばる要素がたくさんあります。

そんな時に便利なのが、スマホ程度の薄さに変形する太陽電池式LEDエコライト『CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)』。

以前grape shopでも取り扱い、大人気だった『ソーラーパフ』が更に、使いやすく便利になった『CARRY THE SUN』をご紹介します。

たためばわずか1.2㎝

『CARRY THE SUN』のもっとも便利な点は、そのコンパクトさにあります。

折り紙のようにたたみこむと、なんと厚さが1.2㎝、重量もわずか86gしかありません。

スマホのように薄くて軽いため、防災袋に入れてもかさばらず、複数入れておくことも可能です。

また、上下についているベルトを引っ張れば、すぐに一辺が11㎝のサイコロ型に変形し、使用することができます。

※ grape shopでのお取り扱いはベルトが透明のタイプのみとなります。

裏面にあるソーラーパネルに太陽光を約8時間当てることで、最大72時間も使用可能。これは『ソーラーパフ』の約6倍もの使用時間です。

電池は繰り返し500回も充電することができます。

LEDインジケーターを搭載しているため、充電残量がひと目で分かるのも便利です。

丈夫で壊れにくい

本体は糸を織り込んだ丈夫な素材を使用しているため、簡単には破けません。

また、織り込んだ糸が光を拡散してくれるので、まぶしくない柔らかな光になっています。

ライトにはLEDを使用。熱くならないので、ベッドわきに置いておくこともできるでしょう。

明るさは3段階で調節ができ、点滅させることも可能。常夜灯、インテリアライト、部屋の明り取りとして、状況に合わせて使い分けることができます。

さらに『CARRY THE SUN』は防水・防塵仕様なので、室内だけでなく外でも大活躍しそうです。

災害などの非常時はもちろん、キャンプやアウトドア、日常的にも使える『CARRY THE SUN』。

電池もいらず、収納もかさばらないので、いくつも持っておくといざという時に役立ちますよ!

また、ちょっと小さめの『CARRY THE SUN small』をgrpe shopで、販売を開始しました。

「インテリアとして使うにはちょっと大きいな」と感じている方は、こちらをお買い求めください!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top