grape [グレイプ]

バカリズムと夢眠ねむ、2012年にTwitterで… 「感動した」「これは惚れる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年12月24日に結婚を発表したお笑いタレントのバカリズムさんと、6人組女性ユニット『でんぱ組.inc』の元メンバーの夢眠(ゆめみ)ねむさん。

2人は仕事を通じて出会い、数年間の友人関係を経て結婚する経緯になったと説明しています。

仲良くなったきっかけは『大きな梨』

ストリーミングサービスのSHOWROOMで配信された、同年3月19日放送の『猫舌SHOWROOM』で書評家の吉田豪さんと対談した夢眠さんは、バカリズムさんについて語りました。

バカリズムさんについて話を聞きたいという視聴者からのコメントに、夢眠さんは「天才」とべた褒め。

そして、夢眠さんの気持ちが落ち込んでいた時にバカリズムさんが助けてくれたエピソードをこのように話しました。

私がすっごく病んでた時に、なんかね…。私、いっちばん最初ってバカリズムライブの『サスペンス』っていう単独のエンディング曲を歌ったのが最初で、結構大昔なんですけど。

で、その後に『(人志松本の)すべらない(話)』のゲストで、でんぱが観覧ゲストで出た時にご挨拶して。私が、その時まだ病んでいたんですよ。結構。「つらい…」みたいな。

その時に「大きな梨を食べました」っていうリプをくれて。みんな普通は「大丈夫?」とか「そんなこというな」とか…なのに、ただデカい梨を食べたことを報告してくれて。すごい幸せな気分になったんですよね。

猫舌SHOWROOM ーより引用

2010年に行われたバカリズムさんの単独ライブ『サスペンス』。夢眠さんは、このライブでエンディング曲を担当したことをきっかけに、その後の番組共演でバカリズムさんに挨拶をする機会があったといいます。

当時、精神的に落ち込んでいた夢眠さんは、Twitterにいら立っている心境を投稿。すると、バカリズムさんは心配する言葉をかける代わりに、「大きな梨を食べました」という報告をしたのです。

夢眠さんは、「なんの弱みにもつけこまずに、『元気づけてくれたんだな』って思いやりを感じた」といいます。

これをきっかけに、バカリズムさんのことを「すごくいい人」だと思った夢眠さん。それから落ち込んだ時は大きな梨のことを思い浮かべ、バカリズムさんと仲良くなったと話しました。

・梨の花言葉は『なぐさめ』『癒し』なんだよ。知ってたのかな。

・感動しました!バカリズムさんの心遣いが素敵です。

・これは惚れる理由も分からなくないな。

この会話がバカリズムさんと夢眠さんが付き合うキッカケになったかは分かりませんが、夢眠さんのつらい気持ちを救ってくれたのは間違いないでしょう。

これからもつらい時は支え合って幸せに過ごしてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
猫舌SHOWROOM@BAKARHYTHM@yumeminemu

Share Tweet LINE コメント

page
top