grape [グレイプ]

広末涼子が、友近から「変態」と言われた理由とは? 赤面して必死に否定

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

広末涼子が、友近から「変態」と言われた理由とは?

女優の広末涼子(ひろすえりょうこ)さんが、2020年1月20日に行われた映画『嘘八百 京町ロワイヤル』の完成披露舞台挨拶に出席。

同作で共演しているお笑いタレント・友近(ともちか)さんに「変態」といわれる場面がありました。

広末涼子 友近から「変態」呼ばわりされる

2018年に公開された映画『嘘八百』の続編となる本作。広末涼子さんは、友近さんの恋のライバル役を演じています。

劇中では友近さんが口からいなり寿司を吐き出し、広末涼子さんの顔にぶちまけるという衝撃シーンが…。

友近さんはそのシーンについて、このように語ります。

私の一番最初のシーンが、いなりずしを囲んでのシーンだったんですけど…。そこがすっごくしゃべりも多くて、バトルの場面。

(中略)

私はいなり寿司を口から吐いて、広末涼子ちゃんの顔にぶちまけるって本ではあったんですけど…。

このシーンを撮影する際に友近さんは「本当に顔にかけていいのかな?」と、ためらってしまったそうです。そのため、広末涼子さんの顔にいなり寿司が上手にかからなかったのだとか。

しかし、そのシーンの後で、友近さんは広末涼子さんから思いもよらぬ言葉をかけられたというのです。

撮影後、広末涼子ちゃんが「友近さんにぶちまけられることを今日、楽しみに待ってたのに…」っておっしゃってた。

結構、変態なんだって思いました。

この率直な感想に、会場は笑いに包まれます。

友近さんの言葉に広末涼子さんは慌てた様子を見せ「すごく楽しみにしてたんです。あの…どんな風に来るのかって。でも変態ではないです。そういう趣味はないです!」と否定。

それでも友近さんの暴露は止まらず、「でも、すごく活き活きしてたんですよ!『もっと顔にかけてほしかった』って感じで」と証言を重ねます。

最後に友近さんは「やっぱり女優さんだなと思いました」とプロ根性を褒め称え、広末涼子さんはさらに恥ずかしがっていました。

広末涼子出演の『嘘八百 京町ロワイヤル』に期待がかかる

『嘘八百 京町ロワイヤル』で、広末涼子さんは主人公たちをほん弄する謎の京美人・志野役を務めています。

『嘘八百 京町ロワイヤル』予告動画

広末涼子さんは完成披露舞台挨拶で、役作りのために髪を伸ばし、人生初の茶道に挑戦したことも告白。

さらにタバコにもチャレンジしたそうで「週刊誌に撮られたら最悪だよね、ということでこっそり練習した」と撮影裏話を語っていました。

『嘘八百 京町ロワイヤル』は2020年1月31日より全国で公開されます。

同作での広末涼子さんの演技に注目しつつ、今後の活躍も応援していきたいですね。

広末涼子さんについて、もっと詳しく知りたい人はこちらの記事もあわせてご覧ください!


[文・構成/grape編集部]

出典
【公式】『嘘八百 京町ロワイヤル』1.31(金)公開/本予告

Share Tweet LINE コメント

page
top