grape [グレイプ] society

「厳に自粛していただきますよう…」 山岳団体の呼び掛けむなしく、登山者が遭難

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大を防止するため外出自粛が呼びかけられている、2020年のゴールデンウイーク(以下、GW)

潮干狩りやバーベキューなど、レジャー目的で外出する人々に非難の声が上がっている中、登山者にも厳しい目が向けられています。

自粛を求める山岳団体と登山者

同年4月20日、公益社団法人日本山岳会などからなる『山岳四団体』は声明を発表。

GWを前に、山岳スポーツ愛好者に向けて登山を自粛するよう呼びかけていました。

新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。

全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。

この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう、山岳四団体としてお願いたします。

公益社団法人日本山岳ガイド協会 ーより引用

全国の市町村も登山を控えるよう、ウェブサイトを通して観光客に訴えています。

しかし、GW中の登山による遭難事故が各地で発生。

同年5月3日には、立ち入り禁止となっていた栃木県日光市の男体山で25歳の男性が遭難し、県防災ヘリコプターで救出されたことが報道され、人々から怒りの声が上がりました。

・そこに山があっても、今は登る時ではない。

・医療現場に負担をかける可能性は作らないでほしい!

・あくまでも『自粛』だけれど、誰が感染しているか不明だから行くべきでないと思う。

・遭難者を助けに行ったら、救助隊員が濃厚接触者になってしまうかもしれない。他人に迷惑がかかることを想像して、みんな自制してほしい。

このような声がある一方で、GW中に登山に出掛けた人は少なくない様子。自粛期間が『当たり前の日常』となって、どうしても気の緩みが出るのかもしれません。

ですが、未だに医療現場はひっ迫し、多くの医療従事者が悲鳴を上げています。

緊急事態宣言が同年5月6日から31日まで延長された意味を、私たちは改めて考える必要があるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
公益社団法人日本山岳ガイド協会

Share Tweet LINE コメント

page
top