grape [グレイプ]

「素敵なアイディア」「お店を助けたい」 広がりつつある飲食店を救うチケットとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が求められ、飲食店は客が減少し悲鳴を上げています。

なんとか店を存続させようと時短で営業をしたり、お持ち帰りのサービスを始めたり試行錯誤している店が多数あります。

そんな飲食店を救おうと、広がりつつある取り組みが『先払いチケット』というもの。

「今は行けないけど、この事態が落ち着いたらまた食べに行きたい」という人が店を支えることができるのです。

埼玉県さいたま市浦和区の『浦和飲食コミュニティー』では、1枚千円で販売を始めました。

価格は1枚1千円で、レストランやバーなど賛同店約60店舗の中から支援したい店を選んで購入し、後からその店で利用できる。有効期限は9月末までで、約3千枚発行する。

天沼啓吾実行委員長は「今は店に行けないという人にもチケットを購入してもらい、コロナ禍が落ち着いたころに足を運ぶきっかけになれば」と期待を寄せる。

産経新聞 ーより引用

ほかに、埼玉県川口市の川口商工会議所では、金額に10%分が上乗せされたプレミアム食事券が購入できるとのこと。産経新聞によると、すでに支援金額は約160万円集まっているといいます。

ネット上では「素敵なアイディア」「お店を助けたいです」などの声が寄せられていました。

埼玉県だけでなく、さまざまな場所で広がりつつある先払いチケット。

常連客にとって馴染みの店がなくなってしまうことは悲しいでしょう。今できることで、大切な店を守り続けたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経新聞

Share Tweet LINE コメント

page
top