grape [グレイプ]

バンクシーの『新作』が話題 地下鉄に描いたメッセージとは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

イギリスを拠点とする匿名のストリートアーティスト、バンクシーがロンドンの地下鉄で新作を発表。大きな話題になりました。

Instagramに投稿された、制作風景の動画をご覧ください。

この投稿をInstagramで見る

. . If you don’t mask - you don’t get.

Banksy(@banksy)がシェアした投稿 -

「マスクをしないなら乗るな」という一文とともに投稿された動画には、清掃作業員のような格好をしたバンクシーらしき人物が作品を描く様子が映っています。

イギリスでは、2020年7月14日に「新型コロナウイルス感染症の予防策として7月24日から店舗内での買い物客のマスク着用を義務化する」と政府が宣言。その翌日に今回の作品が投稿されました。

ネット上では「それだけマスクもせずに、感染を広げてる人が多い」「一瞬見ただけだと、落書きに思えるけど、メッセージは共感する」などさまざまな声が寄せられています。

動画の最後は「ロックダウンで閉じ込められても再び立ち上がる」というメッセージで締めくくられていました。

イギリスのメディア『BBC』によると、ロンドン交通局はこの作品を「落書き防止のルールに基づいて数日前に消した」とのこと。

残念ながら実物を見ることはもうできませんが、バンクシーのメッセージは、人々に影響を与えたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
banksyBBC

Share Tweet LINE コメント

page
top