grape [グレイプ] lifestyle

水難事故防止のために… 岐阜県の注意喚起に「説得力がハンパない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

水難事故防止のために… 岐阜県の注意喚起に「説得力がハンパない」

※写真はイメージ

暑いシーズン、川遊びに出かけたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、川では毎年のように『水難事故』が起こっており、その危険性が徐々に認知されつつあります。

そんな中、岐阜県が発表した『水難事故に関する注意喚起』が「圧巻すぎる…」「説得力が半端ない」と話題です。

水難事故に対する岐阜県の注意喚起が「秀逸すぎる!」

岐阜県が、県の公式ウェブサイトで『水難事故等に関するQ&A(よくある質問)』を公開しています。

まず、「岐阜県内の河川で、安全に泳げる場所はありますか?」という質問には「ありません」と断言。

川をはじめとする水辺には、どこでも事故の危険が潜んでいることを呼びかけています。

河川は自然そのものであり、安全は保証されていません。河川には常に水難事故リスクがあります。

岐阜県 ーより引用

その後、多くの回答で『ライフジャケット』というキーワードが頻出!

「泳がなければ、少しくらいなら川の中に入っても大丈夫ですか?」という質問に対して「川を甘く見ないで」と注意し、少しでも水の中に入る可能性がある時は、最低限の対策としてライフジャケットを必ず着用するようにと呼びかけています。

川を甘く見ると重大な事故につながります。

足が滑って流されるかもしれませんし、深みにはまるかもしれません。こうしたとき、ライフジャケットを着用していないと、重大な事故に直結します。

ほんの少しでも水の中に入るときは、最低限のリスク対策として、ライフジャケットを必ず着用してください。

岐阜県公式ホームページ ーより引用

子供の水難事故にも注意を呼びかける

※写真はイメージ

息子夫婦と孫を連れて河川敷を訪れたいという人から「川に入る予定はないが、ライフジャケットは必要か?」という質問が。

これに対して岐阜県は、「子供が川遊びをしたいといい出すかもしれない」とした上で、「人数分のライフジャケットが絶対に必要」と答えています。

ライフジャケットが絶対に必要です。

川で水遊びをする予定がなくても、お孫さんは「川に入ってみたい」と言い出すかもしれません。そこで「かわいい孫の言うことだし、少しくらいなら大丈夫だろう」と川を甘く見ると重大な事故につながります。

川で水遊びをする可能性がある場合は、家族全員分のライフジャケットを購入して川での水遊びに備えてください。そして、川に入る際には、足首の深さまで入るだけのつもりでも、ライフジャケットを必ず着用してください。

川底は藻でヌルヌルしていることがあり、お孫さんが滑って転んで川に流されてしまうかもしれません。

また、川底に流木や岩の割れ目などがあることもあり、お孫さんがそれらにつまづいて転んで川に流されてしまうかもしれません。

転ばなくても、お孫さんのサンダルが脱げて流され、そのサンダルを追いかけてお孫さんが川に流されてしまうかもしれません。

そのようなとき、お孫さんがライフジャケットを着用していないと、溺死する可能性が高くなります。

また、流されるお孫さんを見て、息子さんが助けようと川に飛び込むかもしれません。そのとき、息子さんもライフジャケットを着用していないと、溺死する可能性が高くなります。

やがて二人の姿が川の中に消え、見えなくなるかもしれません。

そうなれば、119番通報するしかありません。

しかし、このような状況で助かる可能性は非常に低いと言わざるを得ません。

楽しかったはずの家族みんなでのデイキャンプが最悪の結果となります。

川を甘く見てライフジャケットを着用しないと、このようになる可能性があるのです。

逆に、ライフジャケットを着用していれば、助かる可能性は高くなります。

川に少しでも入るときはライフジャケットを必ず着用してください。

なお、ライフジャケットは、水難事故防止だけでなく、洪水時における避難等の際に救命胴衣としても役に立ちますので、河川敷でのキャンプをきっかけにライフジャケットを購入することは一石二鳥と言えます。

岐阜県公式ホームページ ーより引用

子供は水遊びが大好き。もともとはその気がなくても、川を目の前にすれば「入って遊びたい」といい出す可能性はおおいにあります。

悲惨な水難事故を防ぐためにも想像力を働かせ、準備を整えて安全を守りたいですね。

「彼女と川に行きたい」 例を上げて水難事故の可能性を示唆

※写真はイメージ

このほかにも、「付き合っている彼女と河川敷でキャンプをする予定です。泳ぐつもりはありませんが、少しは水遊びをするかもしれません」と具体的なシチュエーションを記し、ライフジャケットが必要かを問いかける質問が。

岐阜県は「絶対に必要」と回答し、ライフジャケットがいかに大切かを伝えています。

ライフジャケットが絶対に必要です。

川を甘く見ると重大な事故につながります。

川で水遊びをする場合は、全員分のライフジャケットを購入して川での水遊びに備えてください。そして、川に入る際には、足首の深さまで入るだけのつもりでも、ライフジャケットを必ず着用してください。

川底は藻でヌルヌルしていることがあり、彼女が滑って転んで川に流されてしまうかもしれません。

また、川底に流木や岩の割れ目などがあることもあり、彼女がそれらにつまづいて転んで川に流されてしまうかもしれません。

転ばなくても、彼女のサンダルが脱げて流され、そのサンダルを追いかけて彼女が川に流されてしまうかもしれません。

そのようなとき、彼女がライフジャケットを着用していないと、溺死する可能性が高くなります。

また、流される彼女を見て、あなたも助けようと川に飛び込むかもしれません。

そのとき、あなたもライフジャケットを着用していないと、溺死する可能性が高くなります。

このような状況で助かる可能性は非常に低いと言わざるを得ません。

楽しかったはずの彼女とのキャンプが最悪の結果となります。

川を甘く見てライフジャケットを着用しないと、このようになる可能性があるのです。

逆に、ライフジャケットを着用していれば、助かる可能性は高くなります。

川に少しでも入るときはライフジャケットを必ず着用してください。

なお、ライフジャケットは、水難事故防止だけでなく、洪水時における避難等の際に救命胴衣としても役に立ちますので、河川敷でのキャンプをきっかけにライフジャケットを購入することは一石二鳥と言えます。

岐阜県公式ホームページ ーより引用

なお、紹介した岐阜県の注意喚起はほんの一部です。一度、目を通しておくとより安全意識が高まるのではないでしょうか。

川や海など水辺に出かける際にはリスクを頭の片隅に置き、水難事故にあわないように気を付けたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
岐阜県

Share Tweet LINE コメント

page
top