grape [グレイプ]

日本航空が10月から『やめたこと』に賛否両論の声 「大切なこと」「前のほうがよかった」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

公共交通機関で流れる、英語のアナウンス。出だしは、こんな言葉から始まることが多いでしょう。

「ladies and gentleman(紳士淑女のみなさま)」

しかし、近い将来、この言葉を耳にすることはなくなるかもしれません。

産経ニュースの報道によると、日本航空は2020年10月1日から、機内や空港の搭乗口で使用していた英語のアナウンスを変更したといいます。

日航は1日から、機内や空港で使用していた「ladies and gentlemen(レディース・アンド・ジェントルメン)」の英語アナウンスを廃止し「all passengers(オール・パッセンジャーズ)」「everyone(エブリワン)」などジェンダーに中立的な表現に変更した。

「無意識に性別を前提とする言葉を使っていた。これからは誰もが利用しやすい環境をつくりたい」としている。

日航ではこれまで、客室乗務員が機内でのサービスを始める前のアナウンスで使用。国際線だけでなく、外国人の乗客が搭乗する国内線などでも使われていた。

日航は2014年に「ダイバーシティ宣言」を出し、性別や性的指向などの属性によらず、多様な人材が活躍できる会社づくりを推進。同性パートナーを配偶者と同等に扱う社内制度を導入するなどしている。

産経ニュース ーより引用

日本航空では「ladies and gentleman」を廃止し、性別を表さない「all passengers(乗客のみなさま)」「everyone(みなさま)」などの表現が今後は使われるとのこと。

ネット上では日本航空の取り組みに対し、さまざまなコメントが寄せられました。

・いい動き!変えられるところからどんどん変えていくべき。

・時代が変わったなぁ。「ladies and gentleman」の言葉の響きは結構好きだった。

・なんとなく聞いていた言葉だけど、引っかかる人もいたと思う。今回の変更には賛成です。

公の場で使用される言葉の変化は、社会の変化でもあります。

人々の個性に寄り添い、配慮する姿勢は、これからの時代ではとても大事なことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top