grape [グレイプ] lifestyle

『密』にならない『初詣』の方法とは? おみくじや除夜の鐘も…!

By - ムトウ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年を振り返ると、一番に思い浮かぶのは、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行でしょう。

コロナウイルスによって、これまで当たり前に楽しめていたことができなくなったり、環境が一変して苦しい状況に陥ったり…「散々な年だった」とため息をつきたくなるかもしれません。

だからこそ、2021年の年初めには「よい1年になりますように!」と祈願したいものです。

しかし、初詣でさえも『密』を避けるため、神社や寺院に行くことがはばかられます。

そこで、この記事ではオンライン上で参拝できる『リモート初詣』についてご紹介します。

『リモート初詣』がすごいことに…!

『リモート初詣』を行う寺院のひとつが、徳島県阿南市にある、高野山真言宗準別格本山、白水山医王院平等寺(以下、平等寺)。

平等寺では、2020年4月からリモートでの参拝を開始。

コロナウイルスを考慮し、自宅、出勤先、病室、海外など、どこからでも参拝できるように、この取り組みを始めたのだとか。

参拝したいと思った瞬間に薬師如来(以下、本尊様)のお姿を拝観できるよう、24時間、本堂から生中継で配信を行っています。

そこでgrapeは、平等寺の住職である谷口真梁さんにお話をうかがいました。

2020年4月、『リモート参拝』を始めたところ…?

谷口さんによると、24時間いつでも参拝できる『リモート参拝』は、同年4月から通算で200日以上続いているそうです。その再生回数は300万回以上だとか。

ライブ配信では、毎日、朝と夕方に、本尊様に読経する勤行(ごんぎょう)の様子も見ることができます。

毎日の勤行でも『リモート祈願』を行っており、これまでに5200件以上の申し込みがあったそうです。

谷口さん:

毎日のライブ配信では朝と夕方の勤行(ごんぎょう)で、リモートでの祈願を受け付けているんです。

その『リモート祈願』では、これまで5千人以上のお願いごとを本尊様の前で読み上げたり、木札に祈願内容を書き、炎に投じる『護摩行(ごまぎょう)』を行ったりしました。

また、お盆の時期には「先祖供養ができない」「リモートでお盆の供養をしてください」という声が上がったため、お盆の『リモート供養』を行ったところ、600件以上の申し込みがありました。

その後、お彼岸もリモートで受け付けたところ、500件以上の申し込みがあったんです。

そこで、谷口さんは2020~2021年の年越しや正月の祈願・供養も、リモートで行えるよう企画しているのだとか。

年越しも『リモート参拝』で!

現段階で決まっている、平等寺での初詣に関する取り組み予定は以下の通り。

【2020年12月31日 23:30~】

・除夜の鐘 ライブ配信

【2021年1月1日 00:00~01:30頃まで】

・『新年厄滅開運の護摩』 ライブ配信

・リモート除夜の鐘

・リモートおみくじ

【2021年1月1~3日】

・『薬師増益護摩』 ライブ配信

『護摩』とは、願いごとを書いた木札を炎に投じながら、ご真言を唱える修行のこと。

谷口さんは1月1日の0時から新年の厄を払い、開運を祈願する『新年厄滅開運護摩』を約1時間半行う予定です。

さらに、それとは別に1月1~3日の3日間、1日につき7回の『薬師増益護摩』を行います。

『薬師増益護摩』では、「みんなのご利益がもっと増しますように」という願いをこめて護摩を行うのだとか。

これらの護摩行も平等寺のYouTubeチャンネルでライブ配信されます。

また、『リモート祈願』も受け付けており、平等寺のウェブサイトから無料で申し込むことができるそうです。

実際の申し込み画面がコチラ。

ウェブサイトから願い事を申し込めば、谷口さんが護摩を行う際に、祈願してくれます。

また、希望者はお札やお守りの購入もできるのだとか。

これらの『リモート祈願』に申し込んで、『リモート初詣』に参加してみてはいかがでしょうか。

初詣期間中はYouTubeのライブ配信画面に、参拝の作法も記載するとのこと。

作法に従ってパソコン画面の前で合掌し、2021年がよい年になるよう祈りたいものです。

『リモート除夜の鐘』とは…?

2020年12月31日の23時30分からライブ配信する『除夜の鐘』では、実際に平等寺に訪れた人が梵鐘を鳴らす様子を生中継。

それとは別に、2021年1月1日の0時から行う『リモート除夜の鐘』は、パソコン画面から、平等寺に設置してある梵鐘をリモートで鳴らせるのだそうです。

その仕組みを簡単に説明すると…。

・参拝者がYouTubeのチャット欄にローマ字で『joyanokane』と入力。

・平等寺のパソコンが反応。

・そのパソコンの指示によりロボットアームが梵鐘を鳴らす。

実際に、ロボットアームが梵鐘を鳴らす様子がコチラ…!

ただ、多くの人が一斉に『joyanokane』と入力すると、『リモート除夜の鐘』が鳴りっぱなしになってしまうので、パソコンが反応するのは2分ごとなのだとか。

つまり、2分が経つごとに、一番初めに『joyanokane』とチャット欄に打ち込めた人が、『リモート除夜の鐘』を鳴らせるのだそうです。

また、『リモート除夜の鐘』が108回鳴りきった後には、鳴らせた人の名前一覧が見られるようになるのだとか。

新年早々、除夜の鐘を鳴らせたら幸先がいいですよね!

『おみくじ』もオンラインで!

谷口さんによると、おみくじも『リモート除夜の鐘』と同様の仕組みで引けるよう、システムを構築中なのだそうです。

おみくじを引く方法がコチラ。

・YouTubeのチャット欄にローマ字で『omikuji』と打つ。

・平等寺にあるパソコンが反応。

・入力した人におみくじの結果が返信される。

実際に送られてくるおみくじは、このようになるそうです。

おめでとうございます。

新年の運勢は「寝ても覚めても大吉」です。

いい夢見て、実現させましょう。

おっとこれは、新年の運勢は「いっときだけ大凶」です。

これ以上悪くなることはありませんので、気楽にいきましょうね!

フランクな内容のおみくじに、新年から楽しい気持ちになれそうです!ぜひ、20201年の運勢をこのおみくじで占ってみてくださいね。

また、谷口さんはリモートで賽銭ができる『リモート賽銭』も、準備中なのだそうです。

出典
平等寺

Share Tweet LINE コメント

page
top