grape [グレイプ] entertainment

「本当に大臣ですか?」 膳場貴子アナの忖度しない物いいに、称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が日本で感染拡大してから、2021年4月時点で1年以上が経過しています。

事態は収束に向かうどころか、1日の新規感染者数が増加する一方。同月25日には、三度目となる緊急事態宣言が東京都、京都府、大阪府、兵庫県の4都府県で発令されました。

日本はワクチンの接種実績もまだ少なく、コロナウイルスとの闘いは今後も続いていくと予想されます。

膳場貴子アナ、政府の対策にズバリ

同月24日に放送された情報番組『報道特集』(TBS系)でも、コロナウイルスの状況や政府の対策について特集しました。

番組では同月23日に行われた会見で、丸川珠代五輪担当大臣が質問を受けている様子を放送。

同番組に出演するジャーナリストの金平茂紀さんは「緊急事態宣言と五輪は無関係であるというバッハIOC会長の発言に、国民からは怒りの声が上がっているが、同じ認識か」と質問しました。

問いに対し、丸川大臣は「IOCと東京都が話をした上での発言かは分からない。国民の安心安全を第一で、開催の準備を進めていく」と回答しています。

ほかにも、質問を受けるたびにどこかはぐらかした返答をする丸川大臣。一連のやり取りを見た膳場貴子アナウンサーは、真剣な表情でこのようにコメントしました。

政府がどれだけ当事者意識を持っているのか疑問に感じる局面が、とても多いんですけれども。

丸川大臣の答えを聞いていても、「本当に五輪担当大臣ですか?」という印象でした。

報道特集 ーより引用

「こんなにも他人ごとで、本当に五輪担当大臣なのだろうか」と、正直に疑問を明かした膳場アナ。

会見に参加していた金平さんも膳場アナのコメントに共感し、「会見では逃げの体制をとっていたように感じた。なんのための担当大臣なのか」と述べました。

忖度せずハッキリと物をいう膳場アナの姿はネットで拡散され、称賛する声が上がっています。

・ほかの情報番組も、これくらいズバッといってほしい。膳場アナはさすがです。

・「なんでこんなに他人ごとなんだろう?」とモヤモヤしていたので、スッキリしました。

・膳場アナがかっこよかった。本来は、こういう指摘ができて当たり前だと思う。

4月現在、東京五輪開催までおよそ90日。開催を不安視する声が相次いでいますが、現段階では実行が予定されています。

コロナウイルスが終息する見込みがなく、感染者が増加している状況での開催は、不安視する人が多いでしょう。

また、三度目の緊急事態宣言に対し「五輪を開催したいがために国民を振り回しているのではないか」という疑問の声が上がっているのは事実です。

コロナウイルス感染や景気の悪化により、命を落とす人は少なくないはず。「国民の命と五輪開催が天秤に乗せられている」と感じる人も少なくないこの状況は、いつになったら終わるのでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
報道特集

Share Tweet LINE コメント

page
top