grape [グレイプ]

保護犬

「まだ1か月なのに次の子なんて…」ペットロスに苦しむ夫婦を救った保護犬

動物By - ニッポン放送

【ペットと一緒に vol.139】 ペットロス症候群に陥っていた滑川茂人さんは、動物看護師の妹さんがきっかけで、運命の犬と出会いを果たしました。今回は、滑川さん夫妻と3.5本脚の保護犬とのエピソードをお届けします。 愛犬…

カエルや蛇まで食べて生き延びた被災犬 現在の幸せそうな姿に涙

動物By - ニッポン放送

【ペットと一緒に vol.137】 被災地を1ヵ月放浪した犬が、人を癒すセラピー犬に Akiホリスティック動物病院(東京都八王子市)の院長で赤坂動物病院の勤務医でもある、菅野晶子さん。2011年3月11日の東日本大震災で…

道で保護された2匹の母犬と9匹の子犬 血のつながりを超えた大家族に感動

動物By - grape編集部

1人で子どもを育てるのは大変なことです。それはきっと人間だけでなく、どんな生き物にとっても同じでしょう。 そんな時にもし一緒に子育てをしてくれる仲間がいたら、とても心強いのではないでしょうか。 アメリカで、路地を歩いてい…

安楽死の注射をされた保護犬 しばらくして、獣医師が様子を見てみると…

動物By - grape編集部

アメリカに『奇跡の子犬』と呼ばれている犬がいます。 犬の名前はルドルフ。彼は生後7〜8か月の時に、オクラホマ州の動物保護シェルターに保護されます。 しかしそのシェルターでは動物が収容可能な数を超えていたため、ルドルフは安…

犬のイルミネーションが意味するのは? クリスマス後の『悲しい現実』に考えさせられる

動物By - grape編集部

笑顔と幸せに満ちあふれるクリスマス。プレゼントを手にして喜ぶ子どもの姿や、大切な人たちと囲む食卓を想像すると、心が温かくなります。 しかし、クリスマス後には、ある悲しい問題も起きているといいます。 まずは、こちらの動画を…

もらい泣きする人が続出 クリスマスプレゼントに号泣する女性 その理由は

動物By - grape編集部

アメリカ・オクラホマ州に住む大学生のハリーさんは犬が大好き。彼女は何年もの間、「クリスマスプレゼントは犬が欲しい」といい続けてきたのだそう。 しかし彼女の父親は「大学を卒業するまで待ちなさい」といい、ハリーさんはずっと我…

「初めまして!」 初対面の男性に不思議なほどなついた保護犬 すると数週間後…

ストーリーBy - grape編集部

運命の出会いが、いつどこからやってくるのかは分かりません。そしてその出会いは人だけでなく、動物との出会いということもあるでしょう。 アメリカ・ニューヨーク州にある動物保護シェルター『シティ・オブ・バッファロー・アニマルシ…

動物を置いて逃げたペットショップ 現場を訪れると、そこに残されていたのは

動物By - ニッポン放送

【ペットと一緒に vol.113】 ペットショップ崩壊で行き場を失った保護犬のなかから、服部さん夫妻は3歳のポメラニアンを迎え入れ、さくらちゃんと名づけました。犬との出会いはさくらママのその後の人生まで変え、さくらちゃん…

保護されたメス犬と母親のいない子猫たち 種族を超えた愛情が両者を癒した

動物By - grape編集部

アメリカ・テキサス州にある『キャシーズ・プレイス』は、事故や虐待などによって傷ついた動物たちのリハビリをてがける保護施設です。 ある日、スタッフのミシェルさんは別の動物保護シェルターに、ケガをしたプードルがいることを知り…

安楽死寸前の犬を引き取った元スケート選手 犬にスケート靴を履かせてみると

動物By - grape編集部

世界にはさまざまな芸をしたり、スケボーやサーフィンをしたりする運動神経バツグンの犬たちがいて、私たち人間を驚かせてくれます。 アメリカ・ラスベガスに住むベニーも、そんなユニークな犬たちの1匹。彼は飼い主のシェリルさんと出…

アメリカ独立記念日に200人が動物保護施設に集合 その理由に心が洗われる

動物By - grape編集部

アメリカでは、毎年7月4日の独立記念日に全米各地で盛大に花火が上がります。多くの人にとってこの花火は独立記念日の楽しみの1つですが、動物たちにはとても怖い日なのです。 アメリカ独立記念日は、1年の中でもっとも迷い犬が増え…

なんていい写真 保護犬を大自然の中で撮影したらとっても素敵な表情に

動物By - grape編集部

世界中の動物保護シェルターには、新しい家族を待つ多くの動物たちがいます。 シェルターによっては、動物たちに早く里親が見付かるように彼らの写真をウェブサイトやSNSで紹介しています。実際にそれらの写真を見て興味を持ち、シェ…

シニアでも保護犬を引き取れるの? 犬を飼う新たな選択肢とその実態

動物By - ニッポン放送

戌年ですから、犬の話題。ペットフード協会の調べによりますと、去年、1994年の調査開始以来初めて、犬の飼育数が猫を下回ったことが明らかになりました。 とはいえ、そんな中だんだんと増えているのが、「保護犬を引き取る」という…

生まれ変わった犬たち 譲渡率を上げた、ボランティアの活動に拍手!

動物By - grape編集部

最近、「保健所に引き取られている子を家族に迎えよう」という意識が少しずつ根付いてきました。 しかし、未だに年間10万以上の犬猫が自治体に引き取られて、悲しい思いをしています。 平成27年度に自治体が『犬・猫を引き取った数…

page
top