grape [グレイプ] society

ついに値上げした『うまい棒』 メッセージに「泣いた」「かっこいいなあ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

数十円の低価格で購入できるため、駄菓子は子供の遠足のおやつとしても親しまれています。

2022年1月、駄菓子の定番の1つであるスナック菓子『うまい棒』が、値上げされることが発表されました。

1979年の発売開始以来、42年もの間、税抜き10円で販売されていた、『うまい棒』。

同食品を販売する株式会社やおきんによると、原料価格の高騰などに伴い、販売価格を12円に引き上げることになったといいます。

『うまい棒』値上げのコメントが「泣ける」と話題に

10円玉のワンコインで購入することができた『うまい棒』の値上げは、幅広い層に衝撃を与えました。

ついに値上げが行われる、2022年4月1日、株式会社やおきんはTwitterアカウントにメッセージを投稿。

そこに書かれていたのは、値上げの決意や、駄菓子への愛でした。

なくなっちゃうほうが、悲しいから。

うまい棒値上げのニュースが流れたとき、そんな声をたくさんいただきました。

1979年の発売以来初の価格改定は苦渋の決断でしたが、思いもよらなかったお客さまからの温かい言葉の数々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

子どもたちのお駄賃でも買える「10円」という値段にこだわっていられたのは、製造・流通に携わる関係各位の協力と、なによりうまい棒を応援してくれる皆さまのおかげです。

未来の子どもたちにも、これからも駄菓子のおいしさと楽しさを届けていくために。

ちゃんと利益を出すことで、駄菓子文化の存続と発展に努めていきたい。

やおきんの、2円分の決意です。

@Umaemon_40th ーより引用

最後には、「駄菓子に未来を」というひと言が添えられた、同社のメッセージ。

今回の件について「たったの2円の値上げ」と思う人も多いでしょう。しかし、子供がお小遣いで買うことを考えると、2円は大きいのです。

文面からは同社が値上げを行うかを悩み、苦渋の決断を下したことが伝わってきます。

同社のメッセージは拡散され、真摯な内容に多くの人が心打たれました。

・なくならなくて本当によかった!今後も食べ続けます。

・最初の一文で泣いた。本当に、販売終了してからじゃ遅いんだよね。

・逆に、42年間も値上げしなかったのがすごい!かっこいいなあ。

いいものを世の中に届け続けるためには、資金が必要となります。

きっと今後も、『うまい棒』は駄菓子を代表する存在として、多くの人に愛されることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Umaemon_40th

Share Tweet LINE コメント

page
top