grape [グレイプ] trend

母親の部屋着をリメイクした中学生 『自分用のTシャツ』との差に「笑った」「欲しい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子供は親の背中をよく見ています。

どれだけ日々頑張っているのかも、子供からしたら筒抜けなのかもしれません。

小説『トッカン 特別国税徴収官』『メサイア 警備局特別公安五係』などで知られる、作家の高殿円(@takadonomadoka)さんには、中学生の息子さんがいます。

ある日、高殿さんが愛用している部屋着を「お母さんらしくしてあげる」と、持って行った息子さん。

部屋着は、高殿さんがファッションブランド『H&M』で購入した、パイル地で無地のTシャツです。

返された部屋着を見ると、小さいながらも見逃せない変化がありました。

スマホなどでよく見られる、充電の残りを表示するアップリケが、胸元に貼られていたのです。

しかも、残りが1%しかないギリギリの状態!

いつも極限まで仕事などに打ち込んでいる高殿さんの姿が、息子さんにとっての「お母さんらしさ」なのかもしれません。

愛ある『いじり』に、笑ってしまう人が続出しました。

・これが息子さんの目から見た、お母さんらしいデザイン!

・笑った。仕事に全力投球ですね。

・急速充電してください!

・シンプルでありながらユーモアが感じられる。欲しい。

ちなみに、息子さんは、自分用として別のアップリケも用意していました。

「自分はほぼ満タンなんか~い!」というツッコミを入れたくなる、息子さんのTシャツ。

ファッションブランド『GU』で買ったTシャツに、Amazonで購入したアップリケを張り付けたそうです。

親子で着たら、つい笑みがこぼれそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@takadonomadoka

Share Tweet LINE コメント

page
top