grape [グレイプ] lifestyle

つまようじに溝がある理由は? 製造会社の説明に「知らなかった!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

食後に利用することが多い、つまようじの先端には溝が彫られています。

※写真はイメージ

この溝について、「なんのためにあるのだろうか」と思ったことはありませんか。

つまようじを製造する菊水産業株式会社(@kikusui_sangyo)は、この溝がある理由について、Twitterで紹介しました。

箸置きや滑り止めなど、あらゆる場面で使えそうな溝ですが、実は…。

ただの飾りだというのです!

意味がありそうに見えて、実は単なる飾りだということに、驚きますよね。

つまようじに溝がある理由は?

つまようじに溝ができた始まりは、1950年代頃にまでさかのぼります。

当時つまようじは、販売時より倍の長さを持つ、材料である『白樺木材』の細い軸の両端を細く削り、中央を切断していました。

しかし、このやり方だと、頭の部分になる切断面が毛羽立ち、めくれ上がってしまう『ささくれ』が生じ、商品が痛むことが多かったといいます。

そこで、工具のグラインダーを高速回転させ、『ささくれ』を削り取ることで断面はきれいにできました。

一方、今度はグラインダーとの間に生じた摩擦熱で切断面が焦げて黒くなり、汚れているように見える問題が発生。

「汚れに見えて売れなくなるかもしれない。この黒い部分をどうにかできないか」と当時のつまようじの製造業者たちが悩んでいたところ、偶然目にした民芸品の『こけし人形』から着想を得ます。

「切断面をこけし人形の『黒い頭』に見立てることはできないだろうか」と考えたのです。

グラインダーに凹凸を付けて、押し当ててみた当時の業者たち。

すると、溝ができ、黒い切断面がこけしの黒髪の頭のように見え、デザインとして成立したといいます。

以降、このデザインが2022年現在でも主流となっているのです。

同社の場合、溝付きの砥石を製造で使用し、写真のように、溝を付けています。

砥石の上を通過することで溝ができています

同社がTwitterで紹介した、つまようじの溝に関する豆知識に、多くの人が驚きました。

・知らなかったです…!何かに使えるものだとばかり思っていました。

・ちょっとしたすき間を掃除する時に使っていましたが、飾りだったなんて!

・まあまあ衝撃の事実で、ビックリした!

あまり知られていなかった、つまようじの溝の意味。

使うたびに、思い出してフフッとほほ笑んでしまいそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kikusui_sangyo

Share Tweet LINE コメント

page
top