grape [グレイプ] trend

義母が明かした、栗きんとんの『カラクリ』 斬新な方法に「うちもそうしよう」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

おせち料理に用いられることが多い、栗きんとん。餡(あん)と栗の甘みが感じられる、日本料理の1つです。

毎年お正月に、中島めめ(nakajimameme)さんの義母は、栗きんとんを作っているといいます。

中島さんは、材料やレシピなどを義母から教わる最中、栗が入っていないことに気が付いたそうです。

「え、栗は?」という問いに対する義母からの回答に、中島さんは「ナルホド…」と納得。

義母が、栗きんとんに栗を入れない理由とは…。

最初に栗を入れると、選(よ)って食べる人がいるから、食べる時にその都度入れる。

中島さんは義母の話を聞いて、毎年お正月に『味見』と称して、食卓を囲むよりも前につまみ食いをしていることを思い返します。

つまみ食いの際に、栗が1つも入っていなかったことと、義母の話がつながり、中島さんは「そういうカラクリだったのか…」と、腑に落ちたのでした。

【ネットの声】

・その発想はなかった!

・栗だけ食べる人、結構いますよね。私もそうでした。

・ナイス防衛策。うちも後入れにしよう!

・便利なものをうまく使ってお料理しているの、素敵です。

1人でつまみ食いしたくなってしまうほど魅力的な、中島さんの義母が作る栗きんとん。

きっと、みんなで食べる栗の入った栗きんとんは、さらにおいしいことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
nakajimameme

Share Tweet LINE コメント

page
top