grape [グレイプ]

身近な果物で簡単に火がつけられる!一体その果物とは…!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

突然の災害時、身体を温めるたり、食べ物を調理したりするために必要になる『火』

とはいえ、木と木をすり合わせて火をつけられるほど、サバイバル技術もない…。そんなあなたに朗報です!

実は身近にあるフルーツを使って、簡単に火をつけることができるんです。

そのフルーツとは、レモン!どうすればレモンで火をつけることができのかご紹介します。

まるで理科の実験のよう

まず、レモンを軽く潰して、果汁が全体にいきわたるように揉みます。

19945_01

出典:YouTube

次に銅板と亜鉛板の代わりになるもの(動画ではクリップと釘)を差し込み、針金でつなぎます。

19945_02

出典:YouTube

両端の銅板と亜鉛板に、先がむき出しになったリード線を括り付けます。

19945_03

出典:YouTube

そして、電気を通すスティールウールの上にティッシュをのせて、二つのリード線をつけると…チリチリと燃えて火が付きました!

19945_04

出典:YouTube

鉄は空気と触れやすい状態(粉末やウール状)にすると、簡単に燃えます。そのため、電流を流しただけであっという間に燃えて、ティッシュに火が付いたんですね。

実際にレモンで火が付く動画をご覧ください!

もし突然の災害に見舞われても、レモンと釘とクリップ、リード線などなどを持っていれば、すぐに火をつけることができますよ!

…それだけの物を持っていれば、ライターくらい持っていてもおかしくはないですけどね。

ちなみに、電気を通し終わったレモンは、金属が溶けだしているので、絶対に食べないようにしてくださいね。

出典
How To Make Fire With A LEMON.

Share Tweet LINE コメント

page
top