grape [グレイプ]

台湾、熊本地震に対し6500万円の寄付「日本は友達。今こそ恩を返す時」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

2011年の東日本大震災で、世界最大規模となる200億円以上の義援金を贈ってくれた台湾

今回の熊本地震にあたり台湾政府は15日、1000万円の寄付を表明。しかし16日、被害拡大をうけ義援金を6500万円に増額することを発表しました。

ちなみに台湾の求人サイトによると、大学卒の初任給は7~9万円ほど。これを元に台湾の紙幣価値を考えると、6500万円がどれだけ大きな金額かがわかると思います。

また、高雄市の陳菊市長は自身のイメージキャラクターと熊本のゆるキャラ『くまモン』のツーショットと共に、このようなメッセージを投稿しました。

みんなの笑顔を消してはなりません!

私たちは今、友達を救わなければいけません。
彼らに温かいハグをし、涙を拭いて勇気を与えましょう。
ガス爆発事故や台湾南部地震の時、私たちを助けてくれたように…。

私自身も、一ヶ月分の給与を寄付します。
皆さんが救いの手を伸ばしてくれることを、期待しています!

募金のための口座を設けたうえ、1ヵ月分の給与である約64万円を寄付すると表明した陳菊市長。

高雄市は元々、熊本市と交流のあった市。2014年に起きたガス爆発事故の際は熊本市から約800万円の支援を受けていました。

台北の柯文哲市長も、同じくFacebookやTwitterで熊本への支援を呼びかけ、追悼のメッセージを日本語で投稿しました。

台湾と日本の友情はとても深いものです。
今年の1月に私は日本へ訪れましたが、日本人の真面目さや、礼儀正しく優しい性格は印象深く残っています。

今まで台湾に起こった災難は、何度も日本が最大の協力をしてくれました。
私たちも、同じく日本に協力しましょう。
熊本で被災した方の無事を祈ると同時に、支援をお願い致します。

支援を呼びかけているのは、政府だけではありません。台湾最大の掲示板『PTT』では、多くの人たちが熊本への募金を応援しています。

さらに、ログインページには「日本の平安を祈ります」というメッセージが…。

『誰かが困っていたら、救いの手を伸ばす』…温かい心をもっている台湾は、日本にとって誇れる『友達』ですね。

台湾の皆さん、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

出典
FacebookFacebook@KP_Taipei@bluesayuriimgur

Share Tweet LINE コメント

page
top