grape [グレイプ]

アメリカの根深い『人種差別』 母は、息子の何気ない一言にハッとした.

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Lydia Stith Rosebush

アメリカのケンタッキー州に住むリディアさんには5歳の息子・ジャックスくんがいます。ある日、リディアさんはジャックスくんにこう言いました。

「あら、髪の毛が伸びてきたわね。
そろそろ切りましょうか。どんな髪型がいい?」

息子の希望通りにカットしようと思い、そう聞いたリディアさん。すると、こんな言葉が返ってきたのです。

「友人とソックリにして!」息子の言葉に母はハッとする

「ぼく、髪の毛をレディと一緒にして、先生をビックリさせたいんだ!
"あれ?どっちがジャックスで、どっちがレディか見分けがつかないぞ!"って」

レディ』とは、ジャックスくんの大親友のこと。彼が笑顔で発した言葉を聞いて、リディアさんはハッとします。

写真を見てわかる通り、ジャックスくん(写真左)は白人、レディくん(右)は黒人です。でも、息子には『肌の色を気にする』という意識すらないのだと…。

これは、クリスマス会の時に撮ったジャックスとレディの写真です。
どうです?とても似ていると思いません?

息子の言葉は、『差別という概念は大人から教わっている』ということを証明していると思いました。
ジャックスにとって、異なっているのは髪型だけなのです。

Lydia Stith Rosebush ーより引用(和訳)

息子の言葉に感動したリディアさんは、自身のFacebookにこの出来事を投稿しました。

「素晴らしい!」と感動のメッセージが集まる

リディアさんの投稿に対し、ジャックスくんの言葉に感動した多くの大人から「本当に素晴らしい!」という声が寄せられています。

  • 多くの大人が知るべきエピソードだと思ったよ。
  • 私は、この2人の天使から本当に大切なことを教わりました。ありがとう!
  • 「先生を驚かそう!」っていうアイディアも可愛くて素敵ね!
  • 世界中の誰もが、この子のような考えを持つようになれたらいいよね。

その後、ジャックスくんは希望通りバリカンで髪を剃りました。

お揃いの髪形になって、2人は大興奮!笑顔で抱き合い、喜びを分かち合いました。

ジャックスくんにとっては、本当に何気ないひと言だったのでしょう。なぜなら、肌の色なんて全然気にしていないのですから。

彼は「差別しちゃいけない」という考えで言葉を発したわけではなく、『人種差別』という概念すら持っていなかったのです。

こんなにもソックリな2人なら、先生も「あれ?見分けがつかないぞ!」とビックリしてくれるに違いありません!


[文・構成/grape編集部]

出典
Lydia Stith Rosebush

Share Tweet LINE コメント

page
top