grape [グレイプ]

「ほろ酔いをすっ飛ばして、こうなる」お酒が飲める人と、そうでない人を図解

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

秋沢由史(@akisawayusi)さんが投稿した『お酒が飲める人と、そうでない人のイメージ図』が話題になっています。

「お酒が飲める人」とは、お酒に強い人のこと。一方、「お酒が飲めない人」とは、お酒に弱い人のことを指しています。

お酒が飲める人は飲めない人に対し、つい自分を基準に考えて「ちょっとくらい飲めるでしょ」と思ってしまいがち。

しかし、この図を見ると、その考えが変わるかもしれません。

お酒が飲める人はこう

この図は、理科の実験や料理などで使われる『ロート』を用いて、お酒が飲める人とそうでない人を表現しています。

まずはお酒が飲める人の図です。

飲める人は、ロートの上から注がれたお酒が、下へと抜けていきます。

つまり、飲んだお酒が上部にとどまることなく、下へ下へと抜けていくため泥酔したり、吐いてしまうといったことがないのです。

一方、お酒が飲めない人の図はというと…。

お酒が飲めない人はこう…

出典
@akisawayusi

Share Tweet LINE コメント

page
top