grape [グレイプ] lifestyle

6月11日は『一粒万倍日』&『己巳の日』 もしかしたら財産が万倍に!?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

幸せになりたい。

誰でも願っていることですが、幸せになるために、いまより何が増えてほしいですか。

「誰かと喜び合う瞬間」ですか。

または「芸や技術力」ですか。

それとも、シンプルに「お金」でしょうか。

縁起の良さダブルパワー

2017年6月11日は『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』と『己巳(つちのとみ)の日』が重なった、とても縁起がいい日です。

『一粒万倍日』って?

『一粒万倍日』は、1つの種が成長して穂になることから、1つのことが何倍にもなるという意味。何か新しいことを始めたい、そう考えている人にとっては絶好の日です。

『一粒万倍日』に行うといいとされている物事には、こんなものがあります。

  • 結婚、結納、入籍、慶事などの婚礼
  • プロポーズ、告白
  • 出生届
  • 引っ越し
  • 会社や事業の開始、開業
  • 財布の新調
  • 今までためらっていたことを始める
  • 宝くじの購入
  • 種まき
  • 銀行口座の開設、出資

『己巳の日』って?

七福神の1人、弁財天に縁のある日です。

弁財天のお遣いが蛇であることから、もともと『巳の日』は金運がアップする日なのですが、『己巳の日』はさらに縁起がいい日です。

弁財天といえば、お金と芸事の神様。

宝くじを買うのはもちろんのこと、芸事にまい進するのにも最高の日です。

『一粒万倍日』+『己巳の日』ならお金ザクザクでは!?

『一粒万倍日』と『己巳の日』が重なるせっかくの日ですから、神社にお参りしてみてはいかがでしょうか。

鎌倉には、有名な銭洗弁財天宇賀福神社 (ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)、通称・銭洗い弁天があります。

名前の通り、弁財天を祭っています。

鳥居とトンネルを抜けた先にある境内の、そのまた奥に洞窟があり、中でお金を洗います。休日にはお金を洗うため、行列になっていることも。

洗ったお金は種銭となって、お金を呼び寄せてくれるそうです。

鎌倉以外にもありますので、お近くの銭洗い弁天を探してみてください。

「きょうは縁起がいい日だから」と意識すると、気分が晴れやかになって、踏み出す一歩も軽くなりますよね。

6月11日は「何を増やしていきたいかなあ」と考え、やりたかったことをやりましょう。

また、幸せについて考えると、何を大切にして生きてきたか分かります。

自分の人生の軸を見つめ直す、いい機会になるかも知れません。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top