grape [グレイプ]

『天赦日』と『一粒万倍日』が重なる特別な日 最上の吉日が6月に訪れる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

年に数回訪れるとされている、縁起のいい日。身近なものでは『大安』などが有名でしょう。

その中でも特別視されているのが『天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)』。「天がすべての罪を許す」という最上の吉日です。

また、1つのことが万倍にもなるという『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』も縁起がよいとされ、天赦日と重なる日は最高の開運日といわれています。

2019年6月に訪れる、縁起のいい日をご紹介します。

天赦日と一粒万倍日が重なる日は…

寅の日

まず、6月に入って最初に訪れる縁起のいい日が『寅の日』。

寅の日は、「金を使っても戻ってくる日」といわれており、金運を上げてくれるため、財布などを新調するのにも向いています。

10日と22日の2回訪れます。

一粒万倍日と巳の日

さらに金運を上げてくれる日が、13日と25日。

この日は、「銀行口座の開設」や「宝くじの購入」に向いているといわれる『巳の日』と、一粒万倍日が重なっている絶好の金運アップ日です。

金に関することはこの日に行うと、よい結果が得られるかもしれません。

天赦日と一粒万倍日

天赦日と一粒万倍日が重なる最高の開運日が26日に訪れます。

この日に行うとよいとされていることには、こういったものがあります。

・結婚、結納、入籍など

・プロポーズ、告白

・出生届

・引っ越し

・会社や事業の開始、開業

・財布の新調

・いままでためらっていたことを始める

・宝くじの購入

・種まき

・銀行口座の開設、出資

「すべてのことによい結果が得られる」といわれてる、天赦日と一粒万倍日が重なる開運日。

何かを始めたいと考えている人にはうってつけです。幸先のよいスタートが切れるかもしれませんよ!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top