声が小さい客に、店員が「もう一度よろしいでしょうか」すると突然?

※写真はイメージ

コンビニやスーパーマーケットなどでレジを担当すると、さまざまな客がいることに気付きます。

丁寧な受け応えをする人もいるでしょうが、中にはクレーマーと呼ばれる困った客も…。また、クレーマーとまではいわずとも「迷惑だな」と感じる客もいます。

アルバイトの経験があれば「分かる!」

そんな『困った客』に関するツイートが注目されている、まるこ(@rinmarun7777)さん。

「バイトしてる人は分かると思うけど」と、客の迷惑な行動を明かしました。

会計の後に「あっ、○円ありました!」

例えば、会計が734円だったとします。客は千円札を出し、店員はレジに金額を打ち込んで、266円のお釣りを渡そうとした時に「あっ、34円ありました」といわれてしまう…これは困ってしまいます。

もちろん、「小銭を出す」という行為自体が問題なのではありません。あくまでも「会計後にいわれると困る」ということ。

※写真はイメージ

ちなみに、会計の後に「あっ、ポイントカードありました」といわれるのも迷惑とのこと。

会計後に「あっ、やっぱり」と行動を変えると、店員は困ってしまうようですね。

声が小さいのに聞き返すと「はぁ?」

客「○○を2つください!」

タバコの銘柄を伝えたり、肉まんなどを購入したりと、コンビニでは口頭で希望を伝えることがあります。

しかし、中には声が小さく、いっていることが聞き取りにくい客もいます。店員は当然「もう一度よろしいでしょうか」と確認をすることになりますが、すると…。

※写真はイメージ

はぁぁぁぁぁ????

いきなりキレてしまう客もいるようです…。

また、電話をしながらレジに来て、会話が成立しない客にも困るとのこと。当たり前のことですが、人と会話をする時は電話を切るのが最低限のマナーといえるでしょう。

レジで「何を買おうか」と悩む客

ほかにもレジで「何を買うか」と悩んだり、相談したりする客や、ポイントカードを隠すように札を置く人など、店員にとって困った客は少なくないようです。

このツイートに「本当に困る」「ほかにもこんな客が迷惑」と多くのコメントが殺到。レジを担当した経験を持つ人にとっては、ある意味『あるある』なのでしょう。

もちろん、「すべて客側が悪い」ということではないでしょうが、多くの人が共感するということは、それなりの理由があるはず。「自分が迷惑な客になっていないか」…行動を見直すキッカケにしてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@rinmarun7777

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop