grape [グレイプ]

「店員さん、グッジョブ!」 書店で起こった『微笑ましすぎる勘違い』に胸キュン

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

最近、本を通販で買うようになった人はたくさんいるでしょう。

書店に足を運ばなくても、ネットで話題になっている本や、好みの本と出会うことができます。

しかし書店で本を買わなければ、こういったキュンとする思い出は生まれないかもしれません。

素敵な勘違い

ある日、書店を訪れたnarome(@nijiden)さん。

※写真はイメージ

naromeさんは、オススメの漫画をランキング形式で紹介してくれる書籍『このマンガがすごい!』(宝島社)を買おうと思っていました。

そこで、女性の店員にこう尋ねたのです。

『このマンガがすごい!』という本はありますか?

※写真はイメージ

すると、女性店員は本を取りに歩いて行きました。

しばらく待たされたnaromeさん。

再び戻ってきた女性店員が恥ずかしそうに差し出した本は…なぜか、有名な作家の漫画!

『天は赤い河のほとり』で知られている、篠原千絵さんが描いたミステリー漫画『水に棲む花』(小学館)でした。

混乱したnaromeさん。しかし、何が起こったのかを理解しました。

女性店員は、naromeさんにこういわれたと勘違いしてしまったのです!

あなたが「この漫画がすごい!」と思った、オススメの本はありますか?

※写真はイメージ

書店員のスキルを試されているような、ドキドキする質問!

書店員は「このタイトルの本を探してる」というような、ハッキリと買う本が決まっている客以外の対応もしています。

時には、「いま女性に売れている本を知りたい」「こんなジャンルの本が好きなんだけど、似たものはない?」というようなことを尋ねられることも。

きたえられている分だけ、女性店員はnaromeさんの要望にもしっかり応えようとしたのでしょう。

でも、答えのない質問に応じるのは緊張するものです。

なかなか戻ってこなかったのは、「この漫画をオススメしていいのか」「気に入ってくれるだろうか」という葛藤をしばらくしていたのかもしれません。

「全巻買って帰った」というnaromeさんの話に、多くの人がキュンとしました。

【ネットの反応】

・こんなん惚れてしまうわ。

・そうきましたか…微笑ましい!

・いいですね。店員さんの気持ちを考えると、グッとくるものがあります。

・店員さんに「グッジョブ!」といいたい。

ついには篠原千絵さん本人にまでツイートが届き、女性店員と、薦められるまま素直に買ったnaromeさんへ感謝の言葉が贈られました。

勘違いから生まれた、心の温かくなるような交流。

書店はまだ、人や本との「素敵な出会いの場」のようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@nijiden

Share Tweet LINE コメント

page
top