grape [グレイプ]

『歩きタバコ禁止』の貼り紙に、ゾッとするひと言が!「クレーマーへの配慮なのか…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

神奈川県の、とある駅前に設置された喫煙所。

どこにでもある普通の喫煙所です。

ある日、この喫煙所に「喫煙禁止地区」に関するポスターが貼られました。

「喫煙禁止地区」とは、簡単にいうと「路上でタバコを吸ってはいけないエリアのこと」。禁止されていない場所でも、路上でタバコを吸うことはマナー違反とされますが、「喫煙禁止地区」では罰則として2000円の過料が科されるなど明確なルールが定められています。

特に珍しいポスターではありませんが、内容をよく読むと、そこには信じられない『文言』があったのです…。

こんなことをまで書かなきゃいけないの?

30代の男性が喫煙所でタバコを吸っていた時のこと。

「喫煙禁止地区」に関するポスターが目に入り、何気なくそこに書かれたいることを読んでいました。

喫煙者の肩身が狭い時代だなー。

そんなことを考えつつも「仕方ないか」と、ポスターを読んでいた男性。

すると、そこに書かれた一文を見て、「なんでこんなことまで書かなきゃいけないの?」と不思議に思います。

屋外の公共の場所での喫煙行為は禁止となります。
(火のついたタバコを持つことも含まれます)

男性は、最初、わざわざ「火のついたタバコを持つことも禁止」と書かなければならなかったのかが理解できなかったといいます。

しかし、想像してみると…。

「もしかしたら」と、この文言を入れた行政の意図を、こう想像したのです!

※写真はイメージ

タバコを吸っているところを咎められた喫煙者が、
「火のついたタバコを持っているだけで吸ってない」と言い訳をするから!

「まさか、そんな子どものような言い訳をする人がいるのか」と疑問に感じてしまいますが、一方でそういった人がいなければわざわざ「火のついたタバコを持つことも禁止」という文言を加える必要はないようにも感じます。

いうまでもなく、タバコを吸っていいのは20歳以上の大人だけ。そんな大人が、子どもじみた言い訳で罰則を逃れようとする…怒りを通り越して、ゾッとしてしまいます。

タバコを吸いたい時は、決められた場所で、ルールを守って吸う…多くの喫煙者が守っていることを、一部の喫煙者が乱すことは許されません。


[文・構成/grape編集部]

出典
Twitter

Share Tweet LINE コメント

page
top