grape [グレイプ] trend

神様「ナンか違うんだよな…」 ある日のお供え物に吹き出した

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

国民の80%以上がヒンドゥー教徒であるネパール。しかし、2000年には議会によって非宗教国家と宣言され、さまざまな宗教が共存している国でもあります。

宗教を理由に戦争や差別が起こってしまうような現代において、お互いの信仰を尊重しあうネパール人は寛容な国民性なのかもしれません。

そんな、ネパール人らしい振る舞いを、しばたまさあき(@_mshibata)さんは、日本で目撃しました。

8万人が「ナンだって!?」

ネパール人が営むカレー店の近くにある社祠(しゃし)。社祠を守るようにして、両脇に狐の像が配置されています。お稲荷様をまつる社祠なのかもしれません。

お稲荷様は、『商売繁盛』『五穀豊作』の神様。商売人からしてみれば、ありがたい神様です。

※写真はイメージ

だからなのでしょうか…ネパール人が置いたであろうお供え物を、時々見かけるようになったといいます。

それが、コチラ!!

ナ、ナンだって…!?

お稲荷様の好物は油揚げといわれていますが、供えられているのは明らかにナン!!

神様は、見たことないお供え物を前に、国際化を実感していることでしょう…。

また、投稿に対するコメントは、やはり「ナンだって!?」「ナンてこった」「ナンか違う」と、ナンにまつわるものが多数。

さらに「日本を好きでいてくれてるのが伝わる」「このネパール人、絶対いい人」と、たとえ他国の神様でも尊重するネパール人の姿勢を称賛するコメントも多く見受けられました。

ナンとも心が和む、お供え物。こうしたネパール人の寛容さや、真面目さ、そして他国の文化を大切にする姿勢は、私たち日本人も忘れずにいたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@_mshibataDTACネパール観光情報局

Share Tweet LINE コメント

page
top