grape [グレイプ]

「涙が出た」「私だけじゃないんだ」 娘に当たったことを、母親が謝ると

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

笑顔で子どもと接する日常が理想ですが、そうもいかないのが子育て。

時には気分が落ち込み、我が子の相手をする余裕がない日もあるでしょう。

2児のお母さんであるimo-nak(@k_i_121)さんが描いた漫画が「深い」と、反響を呼んでいます。

子どもから与えられる無償の愛

6歳の長女・ひなちゃんと2歳の次女・ひよりちゃんを育てているimo-nakさん。

気分が落ち込み、娘たちの相手をなかなかできずにいた日のこと。夜になって後悔したお母さんは…。

自身の振る舞いを反省して謝るお母さんに、娘のひなちゃんは笑顔で「いいよ」と答えます。そこでお母さんは、「子どもたちからもらう無償の愛に、甘えている自分」に気付いたのです。

「私はどのくらい、子どもたちに愛を伝えられているんだろう」

愛する娘を抱きしめて、考え込んだお母さん。

ネット上では、親子のやり取りに自分の姿を重ねて涙する親が続出しました。

【寄せられた感想】

・すごく分かります。反省して我が子を抱きしめながら、「明日は優しいママになろう」と決意する毎日です。

・同じように自己嫌悪におちいっていたので、私だけじゃないんだと心強くなりました。

・読んでいて涙が出ました。純粋な愛を与えられるたびに、我が子が存在してくれることに感謝しています。

子どもは思っている以上に、親の振る舞いを見ています。いつも懸命に自分と向き合う親の姿を知っているからこそ、子どもは無償と呼べるような愛を見せてくれるのかもしれません。

我が子のそばにいて、いつでも「大好き」と伝え合えるかけがえのない時間を、大切にしたくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@k_i_121

Share Tweet LINE コメント

page
top