grape [グレイプ]

流行語大賞の授賞式を辞退した理由に「人間の鑑だ!」 スーパーボランティアの言葉が話題に

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2018年12月3日、ユーキャンが主催する毎年恒例の『流行語大賞』が発表されました。

栄えある年間大賞は、平昌オリンピックでで銅メダルに輝いた、カーリング女子日本代表『LS北見』の掛け声『そだねー』に決定。

ほかにはトップテンとして『(大迫)半端ないって』や『おっさんずラブ』『#MeToo』『ボーっと生きてんじゃねーよ!』などが選ばれました。

そして、トップテンの中には『スーパーボランティア』の言葉もありました。

授賞式を辞退した『スーパーボランティア』の言葉に、称賛の声相次ぐ

『スーパーボランティア』とは、同年8月に山口県で行方不明になった2歳男児を発見し、注目を集めたボランティア活動家の尾畠春夫さんを指す言葉です。

尾畠さんは、ほかにも新潟県中越地震や東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨など、さまざまな被災地でボランティア活動を行ってきました。

しかし、今回の授賞式を尾畠さんは辞退…同月4日に放送された情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)で、その理由について語ったインタビューが放送されました。

表彰だとか、スーパーボランティアだとか、私はそういうことは一切気にしてませんし。

もう、たとえ何があろうと私はいちボランティアで、いち尾畠春夫ですから。

とくダネ! ーより引用

カメラに向かって、穏やかな表情でそうコメントした尾畠さん。

「自分は『スーパーボランティア』ではなく、いちボランティア」「これを機に、ボランティアが1人でも増えると嬉しい」というと、いつものようにゴミ拾いを行いました。

ちなみに同年11月7日、尾畠さんは同番組の取材で「流行語大賞を受賞したら、授賞式には行きますか?」と質問され、このように返していました。

行かないやろうなあ。

私にいわせればね、賞ね、喉から手が出るほど欲しがる人もいっぱいおると思うんですよ。

私なんか、ノドに手を突っ込まれても欲しいなんて全然思わん。

とくダネ! ーより引用

豪快に笑いながら、ハッキリとそういった尾畠さん。授賞式を辞退するのは、以前から心に決めていたようです。

『スーパーボランティア』の姿に、心打たれる人が続出

尾畠さんが授賞式を辞退した理由が明らかになると、ネット上では多くの称賛の声が上がりました。

・本当に素敵な人だ。こんな人間になりたい。

・「当たり前のことをしただけ」といい切れるのがすごい。人間の鑑だ…。

・本人は否定しても、やっぱりこの人は『スーパーボランティア』だよ。

・匿名での慈愛が、チャリティーやボランティアの基本精神だと思う。

名誉や称賛を欲さない尾畠さんからすると、こういった数多の称賛の声を受けても『いちボランティア』なのでしょう。

尾畠さんの唯一の願いが叶い、その姿に感銘を受けた人が優しい心を持ち、ボランティアを始めるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
とくダネ!

Share Tweet LINE