grape [グレイプ]

忘年会シーズン カラオケ店では温かい飲み物を

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独り言』にお付き合いください。

カラオケ店では 温かい飲みものを… 
アナウンサー押阪忍の『美しいことば』

忘年会、クリスマスパーティーシーズン到来ですね。
忘年会の後は、カラオケへ という方も多いと思いますが、カラオケで歌い過ぎて、翌朝、ガラガラ声というか、声が出なくなってしまったという 苦い経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

のどの大敵は、何といっても『乾燥』です。水分は しっかり補給したいですね。カラオケ店などでは、ビール、水割り、サワーなど 冷たいものを飲みながら歌うという方が多いと思いますが、冷たい飲みものは、体を冷やしてのど声帯を固くしてしまいます。

温かい飲みものの方が、器官を広げて血行をよくしてくれるのですよ。ただし、熱すぎる飲みものは、のどに刺激となってしまいますのでお気をつけ下さい。

カフェインの入っている飲みもの…コーヒーや緑茶、ウーロン茶などは、利尿作用があり、体の中の水分を外に出してしまい、その結果、のども乾きやすくなってしまいます。アルコールも、のどを乾燥させやすい飲みものですよ~。

一方、スポーツドリンクは、水分補給に向いていましてね、吸収率も高いため、冷やし過ぎず、できれば『常温』で飲むといいですね。ただし、シャウトするなど、のどに負担のかかる発声や 長時間歌うことは、いくら水分補給しても、決してのどにはよくありません。

翌朝、ガラガラ声という悲惨なことにならないよう、カラオケ店では のどのケアも 忘れないようにして下さいね。

「おはよう!」 の『ひと声』が、翌朝、爽やかな会話の『ひと声』になりますように…。

<2018年12月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2018年現在、アナウンサー生活60年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top