grape [グレイプ]

競泳の池江璃花子が『白血病』を告白 「いまだに信じられず混乱している状況です」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

18歳という若さで、数々の日本記録を持つ競泳の池江璃花子(いけえ・りかこ)選手。2020年の東京オリンピックで、メダル獲得が期待される女性アスリートです。

そんな池江選手が、2019年2月12日にTwitterを更新。体調不良のため、合宿先のオーストラリアから緊急帰国して受けた検査で、白血病と診断されたことを明らかにしました。

応援してくださる皆様、関係者の皆様にご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。

私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。

今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。

これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子

@rikakoikee ーより引用

この投稿に、多くのコメントが寄せられています。

・池江さんは日本の宝。無理せず、ゆっくり休養してください。

・「東京オリンピックで見たい」というのが正直な気持ちだけど、それよりも身体を優先してゆっくり治療してください。

・本当にビックリ!こんなことがあるとは…。

コメントにもあるように、池江選手は東京オリンピックでメダルが期待されているトップスイマーの1人です。しかし、「いまは競技よりも治療に専念してください」という声がほとんど。

多くの人が、このニュースに驚かされた一方、池江選手の身体を案じています。

また、病状についての詳細は、2月12日16時から行われる日本水泳連盟の会見で明らかにされるとのことです。

ツイート全文

出典
@rikakoikee

Share Tweet LINE コメント

page
top