grape [グレイプ]

『骨折した祖母』のため孫がコーヒー豆を挽いたら 後日、届いたメールに心温まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:有澤晴香オフィシャルブログ

女優であり、1児の母親でもある有澤晴香さんが、2019年5月3日にブログを更新。母親から届いたメールの文面を公開しました。

母から届いたメール

3月ごろのある日、母親から「左手を骨折した」との連絡を受けた有澤さん。

話を聞くと、母親は近所へ買い物へ行こうとしたところ、自宅付近のこのような側溝で転んでしまったそうです。

母親が見た際には、側溝のフタがズレて、段差ができていたとのこと。

転んだ拍子にその段差へ手を勢いよくぶつけてしまったのか、起き上がった時には左手首に違和感が。病院で診てもらったところ、左手首の骨折で全治3か月と診断されたのでした。

頭や足など、より大変な場所を打たずに済んだことを「不幸中の幸い」と思った有澤さん。

しかし、片手しか使えない生活は大変です。急いで実家へ向かうと、有澤さんは母親の髪を洗う手伝いをしたり、食事を作り置きしたりしました。

父親も健在なため、ある程度のことはカバー可能。ですが、いままで「普通」だったことが急にできなくなった母親にとって、不便なことは山のようにあったのです。

祖母の家でさまざまな体験をする孫

頻繁には実家に帰れないものの、時には3歳の息子さんを連れて手伝いに行くことも。

普段とは違う環境の中で、息子さんは庭の花に水をあげたり、ホウキで掃き掃除をしたりとさまざまな体験をしていました。

中でもお気に入りはコーヒーの豆挽き!コーヒーミルのハンドルを回して、「いい香り~」と楽しんでいたそうです。

遊び感覚で息子さんは手伝っていましたが、有澤さんの母親は大喜び!

後日、有澤さんのもとに母親から次のようなメールが届きます。

『至福のひととき』

人生 まさか が私に
2ヶ月前でした
転んで左手首の骨折
ギブスをつけ 何をするのも 時間がかかってしまいます

そんな中、 娘と三歳の孫が心配してくれて差し入れを届けにきてくれます

来る度に孫が珈琲豆を小さな手で一生懸命引いてくれて

娘は私の好きなスコーンを焼いてお土産に置いていってくれます

片手で苛立ちさえ感じてしまう時に

毎朝 孫が挽いてくれたコーヒーを淹れて

娘のスコーンを温め
ヨーグルトにバナナを並べての朝食
至福のひとときを感じて
一日のはじまりです

ありがとう

有澤晴香オフィシャルブログ ーより引用

「孫の挽いたコーヒーを飲み、娘の作ってくれたスコーンを食べられる幸せ」をつづった母親。メールの文面から、深い感謝の気持ちが伝わってきます。

不幸なことがあった時ほど感じられる、身近な人々の温かさ。助けられた時に感じたことをきちんと伝えようとするメールに、有澤さんも胸を打たれたことでしょう。

家族であっても、助け合うことは決して「当たり前のこと」ではありません。

感謝の気持ちを言葉で届けることの大切さを、改めて感じることができますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
有澤晴香オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top